ここから本文です

精神科に通院していて、出される薬があってない気がするのです。

アバター

ID非公開さん

2017/4/2201:51:16

精神科に通院していて、出される薬があってない気がするのです。

不安感、倦怠感、外出したくない、人と話ししたくない、やる気が起きない、不眠、気分が下がったまま等で最初通院していたのですが、先生は躁鬱を疑っていたみたいで私は気分が沈むとODや自傷行為を行ってしまうのでその事伝えると、「あんまり強いお薬だすとODした時大変だし、まだ病気かどうかも判定できないから」という理由で最初はトラゾドン、ルネスタを処方してもらいました。その後あまり効かず、gを増やして+でロゼレムが増えました。その後もあまり効かず(中途覚醒、早朝覚醒、寝れない、気分が下がったまま、余計酷くなる+食欲不振等)一気に薬が変わり、クエチアピン、ルネスタに変わりました。
クエチアピンを飲んでから、自殺願望が強く、我慢していた自傷行為も復活してしまったり、余計に酷くなっている気がしました。
自分自身もうつ病とか躁鬱とかはもう気にしていないというかそれどころではなく、もう考える余裕すらない感じです。
この処方はあってるんでしょうか、それかODする傾向があるからあまり強い薬を出せないんでしょうか。
先生はとても相性が良い気がしてるのであまり病院変えたりはしたくないです。

補足クエチアピンの副作用だと思いますが、寝てる最中朦朧としてるので確かではないですが、痙攣か手足が勝手に動くのか手足がこわばっているようで度々起こされます。その間少し寝れないことが度々です。

閲覧数:
138
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

met********さん

2017/4/2203:37:58

全て先生に話すべき事です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yh4********さん

2017/4/2218:49:40

聞いてください。自殺は死後も苦しみが相当長引きます。あの世はあります。僕は守護霊とコンタクトとれるので知ってるんです。自殺は得か損かで言ったら絶対に損なんです。自殺は絶対に自分のためにはなりません。自殺は本人にとっては得策でも本当は得策ではありません。なので自殺は絶対にしないほうがいいです。スピリチュアルの勉強はスピリチュアリズムブックスと検索したら無料の本がたくさん読めます。

僕は動物愛護運動家です。動物がかわいそうなので肉を食べるのをやめて動物愛護団体に寄付したらいいと思います。貧しい国の子供達がかわいそうなのでユニセフに寄付したらいいと思います。300円でもいいと思います。人生が有意義にそして生き甲斐あるものになると思います。

人生が辛いんですね。耐え抜いて生き抜く、これは偉大なことです。寿命まで生きて死んだあとあの世で、辛かったことを神様に感謝するそうです。辛すぎるぐらいでないと人間は成長しないからです。嫌な人生は人間の成長には欠かせない要素です。
こうした話はスピリチュアルの金字塔的な本であるシルバーバーチの霊訓に書いてあることです。シルバーバーチの霊訓はシルバーバーチかつしか、と検索したら無料で読めます。有名な霊能者である江原啓之さんの本「人はなぜ生まれいかに生きるのか」にも書いてあるとおり江原さんもシルバーバーチの霊訓を学びました。シルバーバーチの霊訓8巻で肉を食べないように人類に促しています。貧困救済もどこかの巻に出てきます

僕がシルバーバーチの霊訓の本文の一部とその解説を一緒に載せたサイトがあるのでよかったら読んでみてください。http://ameblo.jp/blueray1000/

辛いたびに「よっしゃ!!また人格が成長したぞっ!!」とガッツポーズをしながら声を出してみてください。気合いが入ってるならヒソヒソ声でもかまいません。

他の方法は辛いときは音楽を聞いてみてください。音楽を借りてコピーしたらいいと思います。僕はビートルズが好きです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる