ここから本文です

南京大虐殺の記録「マギーフィルム」に映っている 「池の中で日本兵に殺害された...

guranito_regendaさん

2017/4/2319:31:18

南京大虐殺の記録「マギーフィルム」に映っている
「池の中で日本兵に殺害された市民の死体」の動画を
松尾一郎氏が
「あれは中国兵が漢奸狩りで処刑した市民らだ。
日本人が行う殺害方法でない。


と批判していますが、

彼は一体どんな根拠でそんな風に断定したのでしょうか。


以下の動画の2分辺りから
松尾氏がそう説明されていますが・・・。

【松尾一郎】「南京世界遺産登録」は日中米共同プロパガンダだ![桜H27/10/12]
https://www.youtube.com/watch?v=PyPZl-jjWSM



その程度の理屈で否定しているのならば
マギーフィルムはむしろ本物なんじゃないかと
思うんですが。


そして彼は相変わらず記録映画「南京」を
否定論の根拠として周りにお勧めしています・・・。


同動画で紹介されている
中国がユネスコ記録遺産に登録した南京事件資料ですが、

・国際安全地区の金陵女子文理学院の宿舎管理員、程瑞芳の日記
・マギーフィルム
・南京軍事法廷でのベイツの証言
・外国人日記「南京占領ー目撃者の記述」


少なくともこの4点は本物の証拠なんじゃないでしょうか。

同動画の6分辺りに一覧が表示されていますが・・・。

補足この動画を見た感じでは、この松尾という人も否定論者として期待できませんね。

まだお若いからこの先否定論者の中心人物になるのかもしれませんが・・・。

閲覧数:
296
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

三太さんさん

2017/4/2320:03:57

松尾さんはずいぶん前から知っているけどなあ。
東中野修道センセとのバトルとかw
「いいぞ、もっとやれ!」という生温かい目で見守ってきたのですが。

だいたい、ろくに写真学を学んでないのになにいってんだおっさん、というイメージしかないですね。

  • 質問者

    guranito_regendaさん

    2017/4/2321:29:25

    >東中野修道センセとのバトルとかw


    動画の中でも何か言ってますね、通州事件がどうこうだとか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uni********さん

2017/4/2620:01:17

南京大虐殺、これは虚構の産物である。
これは朝日新聞が捏造記事
(朝日新聞の記者「本多勝一」が、「中国の旅」という検証をなにもしていない書を出した)
を書かなければ存在しない虐殺である。
1937年12月、日本軍が南京入場の際には歓迎されたのである。
そして蒋介石の国民党や共産党の略奪や暴行から救われた人達が大挙して入城し、5万人まで減っていた人口は、30万人に膨れ上がった。
新聞でも「平和甦る南京」とされています。
南京大虐殺は、中国国民党がプロパガンダとして捏造したものを、東京裁判でアメリカが原爆を正当化するために残虐な日本人を作り、断罪の為に利用したものである。
つまり南京大虐殺は、朝日新聞がキャンペーンとして取り上げ、それを更に中国共産党が反日ナショナリズムに利用した、全くの捏造。
これについても、日本人が黙っていると、いつの間にかエスカレートして30万人が虐殺されたことになっています。
日本軍が南京攻略前、空から「無血開城を求める」ビラをまく。
南京市民は重慶へ「大移動」、敵軍幹部は「逃亡」。
そこで蒋介石の国民党が船や列車で逃げる時に一般市民が邪魔で乗れないので一斉射撃で虐殺したのを全部日本軍のせいにしています。
よっぽど日本軍が強かったのでしょう。
第四次南京事件(昭和24年)の中共軍が南京を制圧した時が、最大の悲劇であった。
共産主義とはブルジョアから財産を取り上げるためには何をやってもかまわないのである。
そのときに10万~15万人の人々が殺された。
これらの共産党軍の残虐行為を覆い隠すために、すべて日本軍がやったことになっている。
しかし日本軍は終戦でもう中国にはいません。
ですから南京大虐殺記念館の写真は、全てが嘘である。これはある日本人の証明済みである。
つまり蒋介石の国民党軍や毛沢東の中共軍の残虐非道の写真だし、合成や無関係な写真だと私も思っています。
「30万」という数字が出てきた背景には、「何とか増やせないかと努力していた人がいた」。
アメリカは、東京大空襲や広島・長崎への原爆投下といった国際法違反のホロコーストで、30万人以上の日本人を犠牲にした。
そのため、30万という数字を“捏造"してアメリカよりも日本がより残虐であったことをアピールし、空襲や原爆投下といった行為を正当化したかったのである。
日本人なら騙せるだろうと考えたのかも知れません。
安全区を管理していた外国人の委員会の人口動態の調査によると、南京占領前20万人(虐殺30万人)1か月後25万人。つじつまが合わない。

反日日本人である村上春樹氏は40万人虐殺と言っています。不勉強極まりない。
つまり自分の本を巨大な中国市場で売りたい売国作家である。

ちょうど吉田清治が済州島で慰安婦の強制連行があったと嘘の記事をお金の為に朝日新聞に書いたのと同じではないか。
もしノーベル文学賞をとれば中国共産党がこれを利用して40万人虐殺にするでしょう。
なぜなら「日本のノーベル賞作家が言っているのだからこれほど確かな事実はない」と中国共産党は全世界に向かって発信するからです。

これからも日本人が黙っていると、さらにエスカレートして50万人虐殺になると桜井誠氏は述べてます。

https://www.youtube.com/watch?v=-5x5fvLx-Rw
【『騎士団長殺し』に南京大虐殺の文言】百田尚樹が村上春樹を批判。村上春樹は不勉強の馬鹿?

勇気ある日本人へ
http://music.geocities.jp/love194949/frame_senkaku.htm

ut3********さん

2017/4/2412:35:29

私は程瑞芳の日記は読んだことがない。
程(金陵女子学院の宿舎管理人)の1月4日の日記の内容は?

1月4日 「元支那軍将校が避難民の中に・・ 大佐と6人の将校が金陵女子学院に隠れ、略奪した少女を強姦して日本兵がやったように見せかけていた。
大佐は宣教師によって、難民収容場(安全区)を管理する2番目の地位に就けられていた」(ニューヨーク・タイムズ)
(謎解き南京事件 阿羅健一著)

安全委員会は中立の様に紹介されているが、実態は中国軍の支配下にあった。
そして、この逮捕された大佐達7人の将校の指示で、委員会は運営されていたし、また、便衣兵達も指揮されていた。
問題は、大佐たちの食事などの世話は誰がしていたのか。
逮捕されるまでの22日間、屋根裏の荷物置き場に隠れていたとしても、食事や下の処理はどの様にしていたのだろうか。

大佐達も命がかかっているので、食事等の世話役は身元がしっかりしている女性(裏切ったら報復できる)で、且つ金陵女子学院の内容を熟知し、食材などを自由に調達できる人間となると結局、金陵女子学院の宿舎管理人・程瑞芳達ではなかっか、
この様な人間の書いた、日記(自称日記)が信用できるはずがない。
(それでも、大虐殺の無かった、証拠にはなるのでは?)

即ち、史実では、便衣兵達の夜の強姦の指示は、この金陵女子学院から出ていた。

そして、金陵女子学院は安全だとのウワサを流し、大量の避難女性を金陵女子学院に集めて、その避難民を隠れ蓑として、屋根裏などに、大佐ら7人は隠れていたのであろう。

何れにしても、金陵女子学院が大佐ら7人(便衣兵の指揮者)の隠れ家であったのだから、金陵女子学院勤務の中国人・程瑞芳等が、中立的立場でなかったのは確実だ。

中国人が中国軍将兵の味方であるのは、当然と言えば当然の話だが!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

xyz********さん

2017/4/2320:04:31

「南京大虐殺」は中国国民党の宣伝で捏造された作り話です。

https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n409752

宣伝謀略の責任者である曽虚白は上海にいた中国のスパイであるジャーナリストのティンパリーと相談して外国人によって「南京大虐殺」を宣伝する計画をたてて、手始めにティンパリーに「戦争とは何か」、ティンパリーを経由してスマイスに「南京地区における戦争被害 1937年 12月―1938年3月 都市および農村調査」を書かせています。


実際、「戦争とは何か」や東京裁判の事実認定に大きなウソがあることは、南京にいる外国人たちが家族に出した手紙によってわかります。
(手紙はエール大学の図書館に所蔵されていた)


▼「戦争とは何か」の記述(抜粋)

「しかし二日すると、たび重なる殺人、大規模で半ば計画的な略奪、婦女暴行をも含む家庭生活の勝手きわまる妨害などによって、事態の見通しはすっかり暗くなってしまいました。市内を見まわった外国人は、このとき、通りには市民の死体が多数ころがっていたと報告しています。南京の中心部では、昨日は一区画ごとに一個の死体がかぞえられたほどです。死亡した市民の大部分は、十三日午後と夜、つまり日本軍が進入してきたときに射殺されたり、銃剣で突き殺されたりしたものでした」

▼東京裁判 判決文(抜粋)

「中国人の男女子供を無差別に殺しながら、兵は街を歩きまわり、遂には所によって大通りや裏通りに被害者の死体が散乱したほどであった。
他の一人の証人によると、中国人は兎のように狩りたてられ、動くところを見られたものはだれでも射撃された。
これらの無差別の殺人によって、日本側が市を占領した最初の二、三日の間に、少くとも一万二千人の非戦闘員である中国人男女子供が死亡した。」


いずれも無差別殺人が日本軍入城の12月13日から行われて、2~3日で1万2千人の市民が殺されたとある。

次に外国人が家族に宛てた手紙

https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n406287

▼スマイスが12月20日付で家族あてた手紙

12月14日の記述
「14日火曜日の朝、我々は目覚めて戦いは終わったと感じていた。・・・
今は日本軍がいる。秩序ある体制と順調な事態が作られて、状況はバラ色になるだろう。」



13日から無差別殺人が行われていたというのはウソですね。

▼フォースター、 12月15日付の妻への手紙

「安全区は理想的ではなかったが、間違いなく無数の生命を救った。最も激しい砲爆撃を受けたのは市の南部だった。しかし昨日(14日)私たちが路上で巡回中に見た死体は25以下だった。」



「市内を見まわった外国人は、このとき、通りには市民の死体が多数ころがっていたと報告していた」

というのは全くのデタラメです。

▼ミルズ、妻に宛てた1938年1月24日の手紙

ミルズは日本軍がやってきてからの状況を書いています。

「このすべての変化はほんの数週間のことだった。その理由は簡単で、ここの人々には安全区内にいて一種の秩序が出来上がり、以前あったような一般的な略奪や盗難が無くなって、人々は以前より大胆に道路に出るようになったのだ。」




以前あったのは「一般的な略奪や盗難」だけですね、日本兵による暴力や略奪は書かれていません。


このように、外国人たちは中国に協力して対外的には日本軍が「虐殺・強姦・略奪」をしたとウソの証言をしていたのですが、身内宛ての手紙には「本当」のことが書かれていたのです。

aho********さん

2017/4/2319:44:49

その生涯で一度として南京事件に触れなかった毛沢東が

南京郊外の雨下台の記念碑に揮毫しているぜ

国民党政府在雨花台曽経屠殺了三十万共産党烈士、つまり日本軍ではなく

国民党軍が30万人を殺害したとな

今の中共政府が此の事件を日本軍のやったことにすり替えているのが

ミエミエだな

yas********さん

2017/4/2319:39:16

4点とも、やろうと思えば捏造は可能です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる