ここから本文です

流通経路における最小在庫数 流通経路(製造業・卸売業・小売業)における最小...

hku********さん

2017/5/404:00:05

流通経路における最小在庫数

流通経路(製造業・卸売業・小売業)における最小在庫数の考え方を教えてください。

例えば、製造業で生産リードタイム75日の商品は、流通経路にどのくらいの在庫があれば良いのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
25
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

san********さん

リクエストマッチ

2017/5/709:31:19

在庫の考え方は、そこだけをピンポイントに考えるのでは無く、品種や納品先との関係や市場性なども考慮しなければなりません。

それらをデータ化したり、納品先との契約や発注条件を取り決めなければなりません。

それらを簡単に言えば、発注(受注)には、
①確定注文と
②内示(forecast)とに分かれて出すのが一般的です。

今のあなたは、リードタイムを確定注文の範囲でしか考えていないと思います。
つまり、確定注文を受領してから材料を調達し、生産・加工を行い納品するみたいな。

そこで、リードタイムの定義ですが、あなたの会社の社内の生産の為のリードタイムなのか?
ゼロスタートでの材料手配から製品の納品までの期間なのか?それによって全く変わってきます。

もし、社内の生産リードタイムが75日なら
①材料の受入検査〜生産現場までのリードタイム分(日数×1日の生産能力数)
*受入検査区に材料が納品(受領=購入)されてから、検査の為のリードタイムから倉庫入庫保管から生産現場への出庫迄のリードタイム。
②社内の生産リードタイム
③出荷検査〜客先までの納品リードタイム
④工程内の歩留まり数
⑤注文の変動予測予備
⑥現品差(数年間の平均値)

これらの合計が在庫となります。
在庫とは、(材料+半製品+完成品)です。

そうなるとあなたの質問は、上記②以外をスケッチして決めれば良いと思います。

しかし、本来のリードタイムとは、これでは回らないと思います。
つまり材料調達をどうするのか?
単純に上記で済むのなら、上記の通りです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

リクエストマッチ

2017/5/413:10:17

物流リードタイムを5日程加算し、さらに売上変動による、
安全在庫を上乗せして、90日くらいが妥当と思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる