ここから本文です

電験三種の法規の計算問題対策についてですが、法規の計算問題に限定しますと過去1...

hal********さん

2017/5/714:55:34

電験三種の法規の計算問題対策についてですが、法規の計算問題に限定しますと過去15年の計算問題の解法の暗記で対策となるのでしょうか。

具体的には例えばこのような図の混触時の電流を求める場合、テブナンの定理を使いますがその時に計算に代入する電源の大きさが6600/√3になるようです

恥ずかしながらなぜそうなるか分からないですが試験対策に限定するならばどうしてかは分からないけど15年分の解法の暗記で足りるのでしょうか。

テブナン,解法,法規,計算問題,暗記,対地電圧,変圧器

閲覧数:
275
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

saerunooさん

2017/5/716:37:52

図で、Csは電源から変圧器までの配線と、大地との間に一様に分布する静電容量を、一点に集中したものとして表されています。
そして、このCsは大地を中性点とする、スター結線になっています。
線間電圧が6600Vのときのスター結線の相電圧(つまり、1相の対地電圧)は6600/√3Vです。
変圧器が混触した場合も、接地抵抗Rbを挟んで、最大6600/√3Vの対地電圧がかかることになります。

  • 質問者

    hal********さん

    2017/5/720:27:44

    ありがとうございました!よく分かりました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/5/11 18:59:24

ありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる