ここから本文です

三層短絡、%インピーダンスに関する問題です。

hev********さん

2017/5/900:18:58

三層短絡、%インピーダンスに関する問題です。

ある高圧受電設備から見た電源側の%インピーダンスは10000kVAを基準とした場合、図のとおりであった。この場合、受電点における三層短絡容量MVAはいくらか。ただし、すべてのインピーダンスの抵抗とリアクタンスの比は等しいとする。

解き方がわからないため質問いたしました。
わかる方、解答よろしくお願いします。

%インピーダンス,リアクタンス,高圧受電設備,三層短絡容量MVA,解き方,MVA,短絡容量

閲覧数:
111
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sae********さん

2017/5/900:36:26

%Z=定格電流/短絡電流×100=定格容量/短絡容量×100%・・・①
ここで、%Z=7+16.5+1.5=25%
定格容量=基準容量=10000kVA
①より
短絡容量=基準容量/%Z×100=10000/25×100=40000kVA=40MVA
となります。

質問した人からのコメント

2017/5/15 08:01:20

回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bai********さん

2017/5/915:52:49

受電点で三相短絡したら%インピーダンス〔V〕の電圧で10〔MVA〕になるから。
10〔MVA〕÷(7+16.5+1.5)〔%〕×100=40〔MVA〕・・・・答

2線が短絡したら40×0.866=34.6〔MVA〕ついでに覚えてね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる