ここから本文です

村上春樹著のとんがり焼の盛衰について。

rag********さん

2017/5/1023:41:10

村上春樹著のとんがり焼の盛衰について。

あの小説に出てくるとんがり鴉って実在するんですかね?
大きいものは1mちかくあり、普段からとんがり焼しか食べず、目は完全に退化してるらしいですが。
とんがり鴉は実在するか。それとも、氏のお得意なメタファーなのか。
あなたはどちらだと思いますか?

補足あと、とんがり焼の元ネタも知りたいです。
最初はとんがりコ○ンかな?とも思ったんですが、どうも違うっぽいので。。。

閲覧数:
986
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kae********さん

編集あり2017/5/1101:02:14

実在するとは思いません。

めくらやなぎも、羊男も、やみくろも…

メタファーかはわからないですが、作者の創った、架空の生き物でしょう。


補足については、
何となく自分は薄皮のどら焼きとフォーチュンクッキーを混ぜたものをイメージしていました。
でも三角っぽい。

元ネタは存在しないかもしれない。あるいは。

↑村上春樹風

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる