ここから本文です

チョイノリに汎用LEDテール12V用をつけてみると、常にブレーキランプ点灯状...

yuk********さん

2008/6/2701:54:02

チョイノリに汎用LEDテール12V用をつけてみると、常にブレーキランプ点灯状態になりブレーキをかけても光量はかわりません。何が原因だと思われますか?分かる方教えてください。

チョイノリはセル無しです。
LEDテールは車用のバッテリーにつないだところ問題なく点灯します。
チョイノリのテールに検電器をあてると常時点灯のところは問題ありません。
ただブレーキ配線はブレーキをかけてなくても多少光っており、ブレーキをかけるとピカッとひかるような状態です。
そもそもブレーキをかけていないのに検電器が光るというところにも疑問があるような気がします。

言葉足らずでもうしわけありませんが、なんとかLEDテールを付けて走りたいので回答お願いします。

閲覧数:
2,052
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xrs********さん

2008/6/3000:23:37

微量に流れている電流で点灯しているものです。チョイノリはブレーキをかけていなくても多少電気が流れているようです。
対処方法ですが、ブレーキ配線のアース側にダイオードを入れると大丈夫だと思います。
配線図を持っていないので確実ではないですが上記の対処方法でダメならば左右ウィンカー、常時点灯(スモール)、ブレーキのそれぞれのアース配線にダイオードを入れると大丈夫なはずです。
私もセカンドバイクでチョイノリに乗っていますが、いろいろな批判も多いですが愛着のわくばいくですね。お互い大切に乗りましょう。

質問した人からのコメント

2008/7/3 01:14:42

成功 さきほどチョイノリにLEDテールがつきました!!!それぞれのアースにダイオードは入れてませんが、ブレーキ、ウインカーのすべてが落ちるアースにつなぐことに

よってブレーキランプとして使用できるようになりました!!ありがとうございました☆

微量な電流はやはりブレーキランプに流れており、他の知り合いのチョイノリで試して確認できました。

非常に助かりました!!ありがとうございました☆

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rz3********さん

編集あり2008/6/2702:35:03

>>ただブレーキ配線はブレーキをかけてなくても多少光っており、ブレーキをかけるとピカッとひかるような状態です。

これが問題ですね。

あなたも薄々感じているようにブレーキをかけていないのに電圧が有ること自体がおかしいのです。
LEDの場合、テール灯とブレーキ灯の違いがハッキリしないと追突の恐れがありますので
光度差がない安物は使わない方がいいでしょう。

原因は推測したとおりです。
ブレーキスイッチに異常がないか
調べてください。


kohji1105さん
原付もリアはダブル球ですよ。
尾灯(テール)は常時点灯(ライセンス灯も兼ねるため)、ブレーキ灯はブレーキを使った時だけ点灯です。
50ccのテールに電圧変動で点灯減灯なんて回路使ってたらコスト高です。

koh********さん

2008/6/2702:02:34

車用だと、普通はフィラメントが2つあるタイプを使用します。
ライト点灯時、暗いほうが発光していて、ブレーキを踏むと同じバルブの明るいほうにも通電します。
原付の場合、常に点灯状態にするため、電圧の変化で調整しているのではないでしょうか?
通常は電圧を下げて暗めに点灯、ブレーキに連動して電圧を上げる、と言う形で。
それをLEDにしたので、常に同じ光量になってしまっているのかと・・・
原付はエンジン始動でライト点灯が義務付けられてますから、
当然尾灯も点灯しているものだと思われます。(検電器で通電したのは正常)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる