一級建築士の構造で質問です。RC造で、曲げ降伏する梁部材の靭性を高めるために梁せい及び引っ張り側の鉄筋量を変えず、梁幅を大きくしたとあるのですが、これはどういう事になるのですか。よろしくお願いします。

資格911閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

梁幅を大きくすることで、せん断耐力が上昇します。曲げ降伏後の塑性回転角Rpが増加するとせん断耐力が低下しせん断破壊に至ります。靱性を高めるとはRpが大きくなってもせん断破壊しないようにすることですので、梁幅を増やし、せん断耐力を増すことで、せん断破壊を防ごうという方針だと思います。