ここから本文です

小牧長久手の戦いで質問です。 にらみ合いの後に、豊臣別動隊で出撃した池田隊...

hom********さん

2017/5/1417:54:47

小牧長久手の戦いで質問です。

にらみ合いの後に、豊臣別動隊で出撃した池田隊を徳川軍は壊滅させました。結果、再びお互いが待ちの膠着状態に。。。

数が少ない徳川軍が先手をとれないのは、わかるんです。でも、豊臣軍まで停滞してしまったのはなんででしょうか?

頭数多く、織田家の有能な部下も生き残っています。この人たちに別動隊の指揮権をあげて、池田隊のように積極的に徳川領に進撃できなかったのでしょうか?
最悪、毛利と上杉という豊臣に好意的な軍を使って混成群で、数で勝負!徳川軍を包囲できないでしょうか?

閲覧数:
230
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nad********さん

2017/5/1418:32:35

豊臣が警戒していたのは北条でしょう。
北条と徳川は同盟していたので徳川との動きに合わせて北条が西進し始めるのは警戒していたのでしょう。
もしかすると北条の軍勢が到着しているかもしれないなど不安も豊臣にはあったでしょう。
毛利と上杉が動けないのは長宗我部、佐々、雑賀衆、北条がいたから動けなかったというのがあるでしょう。
徳川を包囲ではなくて、豊臣が包囲されていた状態なので。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tan********さん

編集あり2017/5/1419:27:17

にらみ合いのまま陣地を構築してがっぷり4つに組んだ形になりました、
先に仕掛けた方が不利なのでお互いに動けませんでした、
しびれを切らした池田勝入が
秀吉に家康が留守の三河への中入を進言しました、
秀吉は反対でしたが渋々承知しました、
池田勝入と森武蔵の守、秀吉の甥 三好秀次ら総勢2万を派遣しました、
豊臣の別動隊の動きを察知した家康は信雄と共に追いかけます。
経過は省略しますが、別動隊が全滅に近い壊滅状態でした、
両軍は再び膠着状態になります。仕掛けた方が不利なので両軍とも動けません、
秀吉は信雄と和議を結びます
家康は大義名分がなくなって
陣を払い帰国しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる