ここから本文です

最近、痴漢容疑で逃走し死亡事故等を起こすケースが起きています。中には冤罪のケ...

ugk********さん

2017/5/1718:23:11

最近、痴漢容疑で逃走し死亡事故等を起こすケースが起きています。中には冤罪のケースがあると思われますが、無実を証明することが不可能に近いことがこのような事故に一端になっていると思われます。

捜査当局は事実関係を確実に解明できる捜査技術の開発を行っているのでしょうか。

閲覧数:
34
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuk********さん

2017/5/1811:40:57

無実を証明することも難しいのと同じように、有罪を証明するのも難しいですよ?
世間では女性の証言だけで起訴できるというような間違った都市伝説が出回っていますが、痴漢だけ別の憲法が適用されているわけではありませんから、証拠がないと立件できません。

今も昔も最も重要視されている証拠は第三者の証言なのですが、それがない場合が多いので、今後よりしっかりとした証拠の収集のために海外のように監視カメラが天井につく時代が来ると思います。

あとちょっと質問とずれていますが、今もっとも成果を上げているのは、女性警官と男性警官のタッグによるおとり捜査みたいです。
検挙数は驚異的だそうですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる