ここから本文です

脊柱管狭窄症で止血クリップ? 母が昨年10月に腰部脊柱管狭窄症の手術を受けま...

アバター

ID非公開さん

2017/5/1821:30:06

脊柱管狭窄症で止血クリップ?

母が昨年10月に腰部脊柱管狭窄症の手術を受けました。
無事成功、退院し現在に至るのですが、先日術後経過の確認のため、病院に行きました。
担当医には「何

の問題もない!完璧です!!」と太鼓判を押されて来たのですが
説明された時に見せられたレントゲンの中にクリップのようなものがハッキリ写っていたと母が言うのです。その時に担当医に訊けばいいものを、気になりながらも訊けずに帰って来てしまいました。
帰って来てから「あのクリップは何だったのだろう?」とやたらに気を揉んでいるのです。私は「担当医に訊いてみたら」と言っているのですが「もし、失敗して取り除くべきものを取り除いていないとしたら、先生の失敗を指摘することになってしまう」「下手したら再手術なんて…」と乗り気ではありません。
そこで、私がネットを使って調べたところ「止血クリップ」というのがあることがわかりました。「これなんじゃないの?」と私は思っているのですが、疑問もいくつかあります。
1)脊柱管狭窄症で止血クリップを使ったという事例が見つからないが、脊柱管狭窄症の手術で使うものなのか?
2)止血クリップは自然に外れる(脱落する)ようですが、半年経ってもレントゲンに写るものなのか。またそれは体内のどこに行くのか?それとも消滅してしまうのか?

長文になり申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

補足ご回答いただいた方、ありがとうございました。
結局、レントゲンにクリップが映っていたのではなく、医師が2枚のレントゲンをクリップで留めていたということがわかりました。おっちょこちょいな母で申し訳ありません。ベストアンサーは決めかねますが、初めにご回答いただいた方にしたいと思います。
重ねますが、お騒がせして大変申し訳ありません。ありがとうございました。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
310
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

unclaenagaさん

2017/5/1822:11:22

腰部脊柱管狭窄症の手術ですが、

腰の骨の5つの骨が、それぞれ重ならないように、

固定する器具が、レントゲンに映ったのではないでしょうか、

電話でも構いません、

看護師さんを通して、質問されてくださいね。

安心しますよね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/5/1822:20:02

    あ、電話でもいいんでしょうかねぇ。
    ただ母(75歳)本人が「聞きずらがっている」というのが今回の1番の壁なのかもしれません…。
    本人ではない私が電話でしてもいいのでしょうかねぇ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/5/1823:32:51

2カ月前に脊柱管狭窄症で手術しました46歳男です。

止血クリップって、ポリープとか消化器系の疾患の時に使う物ですよね?
脊柱管狭窄症で使うのかどうかは分からないのですが、ちょっと気になったので回答させて頂きます。

脊柱管狭窄症の手術方法で腰部後方椎体間固定術という手術方法があります。

自分がこの方法で手術したのですが、腰椎と腰椎の間の傷んだ椎間板を除去して、自分の骨を砕いた物を詰めたケージという部品を椎間板のかわりに打ち込みます。
その部品が動かないようにボルトとロッドで腰椎を固定します。

この辺の部品かもしれませんね。

でも、もしかしたらがあるので主治医に確認したほうがいいと思います。

でも、レントゲンにはっきり写っているなら医師も気がつくと思うのですが。


ネットで腰部後方椎体間固定術で検索すればレントゲン画像とかも出て来ますので、お母様に見せてみてはいかがでしょうか?

腰椎の間に挟むケージは何となくクリップに見えなくもありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。