ここから本文です

交通事故示談について質問です。 弁護士は依頼人の利益を最大限に守る義務がある...

oshietekudasai1216さん

2017/5/1910:29:48

交通事故示談について質問です。
弁護士は依頼人の利益を最大限に守る義務があるため、相手への請求は初めはマックス額でするそうですが、その後の相手との交渉ではどうやって和解額を決めていくのでしょうか?

例えば
マックスで計算して請求額100万円の場合、
相手が50万しか払わないと言ったら、どのような流れになるのでしょうか?
依頼人が妥協できる金額(仮に75万)があれば、それに近づけるように交渉を続けると言うことですか?
全て依頼人次第と言うことでしょうか?

宜しくお願いいたします。

閲覧数:
311
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鬼沢健士さんの画像

専門家

2017/5/1910:35:53

弁護士です。

最初に最大の額を提示するのはそのとおりです。
そのままとおることもあります。14級案件ですと、応じてくれる担当者も結構います。

相手が50万といってきても、それが不当に安いのであれば交渉します。残念ながら50万という提示に根拠がありそうであれば、まずは一旦検討します。

75万が妥協ラインとうかがっていれば、もちろん上回るように交渉しますよ。

結局は事案次第です。
不自然な通院をされると交渉は難航します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/5/23 09:59:29

お二人の方、有難うございました。またよろしくお願いいたします。

回答した専門家

鬼沢健士さんの画像

鬼沢健士

弁護士

親身、ていねいをモットーに、わかりやすい説明を心がけています

交通事故案件は、被害者側専門、完全成功報酬制が基本です。メール相談可。連絡先明記の上、保険会社提示書面をメールかFAXするだけで返答いたします。 料金表はこちら→http://jobanlaw.com/koutsuujiko.html 知恵袋経由の方は、1割引きです(報酬率20%の場...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/5/1911:42:35

本人訴訟の民事裁判(事件)で複数の和解を経験しています。

損害賠償訴訟の場合ですが、訴状を作成する場合は本人訴訟
でも損害賠償金額を出来るだけ高額になる様に、「訴訟の趣
旨」に記載します。
その金額が妥当であるか?を判断して判決を下すのは裁判官
であり、また全額が認められるのは不可能である前提での作
成した訴状であるのを原告は理解しています。
*金額が高額になると、弁護士への委任代理人契約での金額
も高くなります。・・・それが理由で弁護士は損害賠償金額
を高くする事が普通です。

和解調停の場では双方の主張を考慮しながら調停が進みます
が原告は出来るだけ多くの金額を言いますが、被告(弁護士)
は、「限りなく0円での和解」を望みます。

請求額が100万円で相手被告が50万円しか払わないと言
う場合は?
和解調停が不調に終わります。
原告(私の場合)であれば、「判決並びに仮執行宣言を求め
ます」ですね!
依頼人次第?と言いますか・・・私の裁判での和解ですが家
賃滞納での損害賠償請求でして、被告(弁護士)は滞納した
損害金の支払いは出来(0円)ないし、逆に退去費用として
100万円を和解の条件として提示されました。

和解なんて原告は望みませんし、また裁判になるような状況
ですと、和解での約束(和解調停文書の和解条項)を守らな
い場合が多々あります。

基本的には裁判所裁判官の判決を求めるのが普通ですし、和
解を一番に望むのは裁判所の裁判官です。

不服があれば控訴なり上告をすれば良いです。
その場合は再度に弁護士と委任代理人契約を締結する必要が
有りますので、弁護士は無理な(受けられない)和解条件を
示す傾向にあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。