ここから本文です

確定拠出年金を始めます。投資もしたことがなく、全くの初心者です。 掛け金の配...

アバター

ID非公開さん

2017/5/1923:37:53

確定拠出年金を始めます。投資もしたことがなく、全くの初心者です。
掛け金の配分を決める段階なのですが、国内債券のリターンがマイナス、海外債券のリターンもマイナスのものもあります。

すでに持っている債券の場合は色んな記事が出て参考にできますが、今から始める場合のことはどこにも見当たりません。
債券の割合を多くしようと思っていたのですが、いざ配分しようとしたところマイナスリターンとなっており・・・
やはりマイナスリターンでの開始になる国内債券には配分しないのが当然ですか?
また、国内債券に配分しない場合、変わりに配分するのはやはり海外債券のプラスリターンのものでしょうか。

色んな記事を読んだり考えたりしているとごちゃごちゃになってしまい、おかしな考え方になっていたらすみません><

閲覧数:
385
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sy_********さん

2017/5/2000:00:29

資産クラスは、大きく分けて国内外の株と債券の四つに分けられます。それ以外にも、不動産のREIT(リート)や金などもあります。

たとえば、長期に渡る過去の各資産クラスのリターン実績を見ると、どれを取ってみても常にプラスリターンをキープしているものはありません。つまり、1年毎に好不調の資産クラスが入れ替わっています。

よって、確定拠出年金という長期に渡って積み立てをしていく投資手法では、今現在の好不調を気にしても意味がありません。言い換えれば、10年後20年後を見据えても誰もわかりません。

ただし、長期間の過去の実績からすると、国内外の株や債券に何パーセントずつ配分すればリターンがどれだけで、リスクがどれだなのかはわかります。それを元に資産配分を考えればいいだけです。基本的には、株はハイリスクハイリターン、債券はローリターンローリスクです。

国内債券に関しては、現在の国債は最高値圏にあります。日銀の政策からして、今以上に金利が下がることは考えられず(価格は上がらない)、むしろ金利上昇する可能性のほうが大きいので価格下落懸念があります。したがって、資産配分に国内債券を入れる必要はないと思います(私も国内債券は配分に入れていません)。

もし、質問者様がまだお若いなら、敢えて先進国株式に100%配分するという手もあります。リスクは高くなりますが、超長期を見据えるなら将来大きなリターンが得られると思います。

アバター

質問した人からのコメント

2017/5/20 20:28:09

国内債券を入れないという踏ん切りがつきました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yoi********さん

2017/5/2000:21:39

その前に過去の犯罪大丈夫ですか。
他人の個人情報を掲示板などに乗せるウイルスとかで
乗せちゃっていませんか。
またその乗せるのに役立つ情報を掲示板に乗せていませんか。
確定拠出型年金は、税制控除が付いた犯罪者では、ない人のためのものです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる