ここから本文です

戦後民主主義の道徳はルサンチマン道徳?

アバター

ID非公開さん

2017/5/2420:48:42

戦後民主主義の道徳はルサンチマン道徳?

閲覧数:
34
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pg6********さん

2017/5/2622:34:02

ルサンチマン(resentment)は弱者の強者に対する怒りの感情を言います。
この怒りは、弱者が正しく強者が間違っているから生まれるものではありません。
強者イコール邪悪で、弱者は善と言う前提で物事を解釈することです。

全くルサンチマンではないとは言えないかも知れませんが、韓国を見ていると日本などより遥かにルサンチマン、つまり奴隷道徳に染まっているように見えます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる