ここから本文です

金木犀は今の時期に剪定すると良くないでしょうか?

azu********さん

2017/5/2516:53:17

金木犀は今の時期に剪定すると良くないでしょうか?

場所は大阪。立地は東南の角地で日当たりはものすごく良いです。
家の正面と横の通りからの風が結構強いです。
日中の最高気温は25度から30度近く、最低気温は10度から15度くらいの間で推移しています。

植えてから20年以上たち、大きくなりすぎて隣に植わっているミカンや南天が枝を広げる場所がありません。
春先に強剪定すると、もう少しコンパクトになると毎年来る植木屋さんに聞いたのですが、「新緑の時期にハサミを入れるのは可哀想」と母が難色を示したのでお流れになりました。

でも新芽が成長した金木犀は去年よりさらに横幅が大きくなり、隣の南天やミカンを圧迫し、根元に生えた雑草を抜くにもかなり不自然な姿勢を強いられて辛いです。orz

きちんと手入れするためにも何とかしたいのですが、今からプロに剪定を頼めばダメージが低くて済むのか、素人が草引きの邪魔になる根元の枝を払うくらいなら問題ないのか、もう手を出したら枯れる時期に来ているのか測りかねています。

閲覧数:
314
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

war********さん

2017/5/2518:50:08

キンモクセイは、いま伸びている新芽に夏ごろ花芽をつけて秋に咲きます。したがって剪定の時期は、花後か、春になります。花後は、これから冬になるので、寒がるキンモクセイに寒い思いをさせないために軽く切って、春に思い切った剪定をします。剪定といってもキンモクセイの場合は刈り込みがほとんどだと思います。
さて、これから剪定すればどうなるのか。結論から言うと、まだ間に合うと思いますよ。邪魔になる根元の枝を払うのは一向に構いません。これは一年中いつでも可能です。全体的な刈込は、時期によって花芽がつかなくなるのでその年は花が咲かない可能性があるということです。それを承知の上なら、いつ切ってもかまいません。キンモクセイの剪定はいかなるものであれ、素人で十分です。

質問した人からのコメント

2017/5/25 23:31:54

お二人とも回答ありがとうございました。

花芽のサイクルから行くと、例年行なっていた夏場の剪定の方が良くないですね。
時期的に間に合うとのことなので、強剪定を再検討したいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mad********さん

2017/5/2518:10:52

かわいそうは、花が付かないよという意味ですよ!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる