ここから本文です

日本で湿田が広まったのは何時代の何期ですか?

hoa********さん

2017/5/3016:54:54

日本で湿田が広まったのは何時代の何期ですか?

閲覧数:
64
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2017/5/3018:50:44

弥生時代の前期からのようです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mit********さん

2017/5/3020:02:43

三内丸山遺跡は、今から約5500年前~4000年前の縄文時代。
紀元前4世紀頃(今から5000年前)の吉野ヶ里遺跡では、水耕栽培のあとがある。

上記二つの遺跡は、ほぼ同時期にあたる。
温暖な九州と寒冷地青森の差がでている。

yta********さん

2017/5/3019:20:42

どうだったら「広まった」のか、難しいところですが
縄文後期から稲作は行われてたらしいですが、まあ一応広まったのは弥生時代とされています。
そうはいっても、その時代には、もともと湿地帯であるような所にしか水田は作れなかったわけで。
室町後期から江戸時代になると、川より高い所に水車で水を汲み上げて水田にするようになります。
昭和になると、電力で水を汲み上げて、明治や江戸時代には水田になるとは考えられなかった高台にまで水田が作られるようになりました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる