ここから本文です

特許の鑑定の弁理士先生への依頼の仕方について 私はまだ、知財経験が浅いので...

アバター

ID非公開さん

2017/5/3019:04:34

特許の鑑定の弁理士先生への依頼の仕方について

私はまだ、知財経験が浅いので偉そうなことは言えませんが、先日とても違和感のあることがありました。

弊社の知財部の年配の男性が特許事務所に鑑定を出してました。

そこで、「このような鑑定結果にしてほしい。」と脅迫的ではないですけど、微妙に圧力をかけておりました。

私は特許の鑑定をお願いしたのは過去に2回しかありませんが、基本的には侵害判断がグレーなため、法律、判例を熟知した弁理士のセカンドオピニオンをいただくという前提ので鑑定を出しました。

お願いして、非侵害という鑑定を下さいでは「何のためにもらうの?」と思いあまり意味のないものかと思いました。鑑定にはある程度のお金もかかるので。その男性は部内からの評判もあまりよくないためそういったテキトーというか都合よく解釈したい面が根底にあるのかなと思いました。


ここで、質問ですが

1.上記のように圧力をかけて非侵害の鑑定をもらうのはわりと普通なことなのでしょうか。私が建前にこだわりすぎているのでしょうか。

2.また、そのような依頼の仕方は特許事務所にも失礼な気がします。正直良い気分がしないのではないのでしょうか。例えば、「私はこのような判例に基づいて、非侵害との判断ができるのではないか?」など具体性をもった聞き方などであれば違和感を感じないのですが、結論ありきで「このような非侵害鑑定をお願いします。」って間違っているような気がしますし、頼まれるほうもいい気がしないような気がします。

企業内の知財担当立場、特許事務所の弁理士としての立場で回答異なってくるように思いますので可能でしたら、冒頭にどちらの立場かを明確にしてアドバイスいただければと思います。

よろしくお願いします。

閲覧数:
118
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

korishou1さん

2017/5/3019:32:56

1.上記のように圧力をかけて非侵害の鑑定をもらうのはわりと普通なことなのでしょうか。私が建前にこだわりすぎているのでしょうか。

極めて異例のことであると思われます。弁理士は、独自の法解釈、判例に基づいて、自分で最も正確と思われる鑑定書を作成する「善管注意義務」を追います。
私も、退職する前の会社のために口頭鑑定を含め、150件~200件くらいの鑑定書を書いておりますが、依頼された会社に不利になるような物も少なからず(30%以上)あります。
始めから、依頼されたような鑑定書を書くように依頼するのでは、何のための鑑定家分かりません。相手だって、論理破綻は直ぐ見破れますから、信用されず、無駄な話です。
もっとも、依頼主の主張は充分聞き、判断の材料には使用しますが、あくまでも「主張」として扱い、証拠により裏付けなれないようなものは採用に値しません。

2.また、そのような依頼の仕方は特許事務所にも失礼な気がします。正直良い気分がしないのではないのでしょうか。例えば、「私はこのような判例に基づいて、非侵害との判断ができるのではないか?」など具体性をもった聞き方などであれば違和感を感じないのですが、結論ありきで「このような非侵害鑑定をお願いします。」って間違っているような気がしますし、頼まれるほうもいい気がしないような気がします。

そんな依頼は受けません。前にも言ったように「善管注意義務」に違反します。また、相手方の弁理士に馬鹿にされたらたまった物ではありません。

会社にいたときの立場も全く同じです。明らかに意匠法に違反しているプロジェクトを辞めさせた極端な例もあります(やり方が非常に悪辣であったので)。大方の場合は、特許等の回避方法、打ち合わせにより解決を図りましたが。
その代わり、こちらが正しいと思ったときは、相手方に裁定の弁解の余地を残しながら、妥協はしませんでした。

会社にいたとき、外部に鑑定を依頼するのは、大体知財で有名な弁護士、東京高裁退職弁護士でした。小さい案件は内部処理。高額でしたが、こちらに不利とみると、鑑定をして良いか尋ねられたことも有り、ご厚意を酌んで一分金でお断りしたこともあります。
特許事務所に出すと、包袋も調べもせず、「我こう思う」というような鑑定書が返ってくるのが多かったですね。参考資料として、社内検討し直しでした。包袋を調べて、包袋禁反言でひっくり返したこともあります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/6/213:09:42

企業内弁理士です。

普通はしませんね
このように論理を構築したが、セカンドオピニオンを聞きたいという趣旨で依頼します
将来のリスクを予見するためにです

政治的な配慮で動いているんしょうね
コンサル依頼の場合は、社内を説得するために外部機関を使ったりしますのでらそのような使い方なんでしょうね
私は使ったことありませんが

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。