ここから本文です

500枚。先日、こちらがバイクで相手が軽自動車で 保険会社同士の過失割合100:0で...

ryu********さん

2017/5/3104:01:56

500枚。先日、こちらがバイクで相手が軽自動車で
保険会社同士の過失割合100:0で相手が悪い事故を起こしました。
第二車線走行中、信号機が青を示している交差点にて第一車線から軽自動車が右

折してきて運転席の側面に衝突した事故です。

重い怪我こそありませんが、バイクが全損状態になりました。
現在は、事故翌々日に相手の保険会社が手配した250ccレンタルバイクを乗っています。

現時点で事故から2週間と数日経っていて
やっと相手の保険会社が手配したバイク業者にバイクが引き渡されました(それまでは警察署で保管されてました)

昨日相手の保険会社から連絡が来て、

・バイクが全損状態。
・事故が起きる前の時点でバイクの価値が40万円
・レンタルバイクは後2週間しかレンタルするのが厳しい。
・修理するのには70万円ほどかかる(もちろん相手の保険会社から支払われる。新車価格60万円のバイクです。新車で購入しました。)
・中古で同じ車種なら40万円ぐらいで買えるから40万円支払って終結でどうか、という提案
・レンタルバイクを原付などに変えて良いのであれば、修理期間中も移動手段ができる
・新しく新車を購入する事は出来ない。

という内容の事を伝えられました。

事故が起きたのは初めての事なので、上手く保険会社の良いように話が進むのだけは避けたいです。

このような場合、どう考えても新車で購入してくれりゃ、相手の保険会社は安く済むし
こちらとしても納得はいくのでそうして頂ければいいんですが、出来ないと言われました。

修理で良いのであれば修理はするが、2週間後以降のレンタルバイクは厳しいと言われています。

とりあえず修理がどのくらいで終わるのか というのを相手の保険会社がバイク業者に聞いてそれを、明日こちらに伝えてくるそうなのですが
2週間以上かかる場合、その後のレンタルバイクをどうにかしてもらう事は可能でしょうか?

ちなみに普通免許は所持していませんので、レンタカーも借りる事は出来ないです。
原付ではいけない理由としては、群馬・東京間を、頻繁に行き来しなくてはならないためです。


また、修理する場合
相手の保険会社でレンタルバイク費用と修理費用で100万近くかかってしまうというのに
新車購入で終結する事は本当に出来ないのでしょうか?

もう一つ質問させてください
最終的に、新車購入又は修理完了で話が進む場合
こちらはバイクを移動手段だけでなく趣味として使用していたため
このバイク日和が続く中、自分のバイクに乗れなかった期間に対する慰謝料を請求する事は可能でしょうか?

知恵のある方経験のある方どうか教えてください。

閲覧数:
279
回答数:
10
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ats********さん

2017/6/719:48:41

あなたの主張を全面的に通したいのであれば弁護士に相談→提訴するしかありませんね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

2017/6/210:00:01

全損のもらい事故を何度かやったことがある者です。
事故の際の保険会社の車両の査定には通常はレッドブックという相場表を基にして保証金額を出します。
ただしバイクはレッドブックにない物が多く、その場合はGooBikeなどのネットで閲覧できる中古バイクの相場で同年式の物の相場を参考にされます。
修理金額がその相場を超える場合は全損扱いとなり、同程度の中古車両の金額に過失割合をかけた金額を提示されます。
質問者さんに過失がないようなので、その相場の金額がそのまま提示されるわけです。
事故した車両が何だったのかわかりませんので40万というのが妥当な車両かわかりませんが、この金額が同程度の中古相場でしたらそこで妥協するしかないと思います。
40万円で買えないというのであれば、自分の車両に近い条件の車両を探し、この車両の乗り出し価格を支払うようにと交渉すればいいです。
事故した車両に思い入れがあった場合など、事故車を直してでも元の車両に乗りたいから直せという話も可能です。
現状復旧が大原則なので、元通りになるまでいくらかかっても直させることは交渉次第で可能です。
新車を買えというのは無理です。
新車だった車両なら可能でしょうが、中古バイクの現状復旧で新車は条件が違いますので。
事故した車両が改造車など特殊な車両であれば買い換えた車両に部品を移植するので返してほしいと交渉すれば手元に残せることが多いです。
ダメだと言われた場合は部品の移植もさせて納車させればいいと思いますが、過去に数回改造車でもらい事故をしていますが、交渉したら結局毎回手元に元の車両も残りました。
一点気になったのは事故の全損の見積もりは誰が出したのでしょうか?
保険屋かご自分でかわかりませんがバイク屋さんに持ち込んだと思いますが、修理や買い換えをしなかった場合でバイクも回収するとなると、そのバイク屋さんに見積もり料は取られると思いますよ。
見積もり料は見積額の10~15%ぐらいが相場です。

ham********さん

2017/5/3111:32:15

保険会社の対応に納得がいかないのであれば
保険会社に対して裁判を起こせばいいです
回答してくれた人に対して
回答に納得がいかないからと言って
噛みついても仕方ないと思いますよ
10:0ということはあなた自身の保険は使えませんし
保険会社も動いてくれません
そういうときのために弁護士特約というものがあります
これに入っていれば、弁護牛費用を決められた金額まで負担してくれますね
保険料を抑えるためにこういうところを削っていると
いざというときに結局は損をします

保険会社にしたらあなたに納得してもらう必要はありません
決められたとおりに保険料を支払うだけです

bs1********さん

2017/5/3108:31:39

時価額40万円、バイクの修理費用70万円で保険会社が修理してくれると言うことは、相手が対物超過50万円に加入していたと思われます。

この対物超過は修理しないと支払われない特約、修理しないで新車購入費にすることはできません。

つまり選択肢は修理して貰う、40万円で同等の中古車を購入する。

或いは40万円を資金に他のバイクを購入することになります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr********さん

2017/5/3108:01:25

まず修理するには70万円かかり保険から支払われるとありますが相手が対物超過特約に入っていたのでしょうか?

今回本来相手の保険は40万円しか支払いの義務はありません。元々質問者様のバイクの価値がすでに40万円しかないのでそれ以上を支払う義務はありません。

対物超過特約(これはあくまで相手の好意)に相手が入ってるなら支払われますがその点もう一度確認が必要な気がします。
場合によっては40万円しか支払われる事はないと思います。

あとはレンタルの期間ですがこれは保険との交渉です。ただ当然永久に借りれるというわけではありません。

又慰謝料は怪我した時のみ支払われるものです。物損事故には慰謝料は支払われません。怪我をしてれば怪我の程度に合わせて慰謝料が支払われます。ただそれにしても個人的な事情などは考慮されません。少なくともバイク日和なんてものは一切考慮されません。

又事故の解決方法として保険と話し合いがまとまらないなら裁判するしか解決方法はありません。ただその前に弁護士に依頼して再度保険と話し合ってもらうなどの方法もあります。専門家に任せた方が話し合いはつきやすいです。ただどうしてもダメなら裁判するしかありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/5/3106:30:42

民事の損害賠償というのは原状復帰(修理)が原則ですが、修理費用が時価価格を超える場合は時価価格が賠償金の上限という事になります。
ですのであなたのようなケースの場合はバイクの修理費用は時価価格を超えておりますので時価価格(40万円)が賠償金の上限という事になります。
たとえそれが新車で購入した物であっても新車であるのは登録まえのはなしであり購入後は新車ではなく中古車となります。
先方の保険会社の提示はごく普通の話であり特に問題はないと思いますね。

あなたにできることと言えば先方の提示したバイクの時価価格である40万円というものを少しでも吊り上げることくらいでしょう。本当に40万円で同程度の同車種が購入できるのでしょうか?ネットなどで市場価格を調べることはできると思います。
市場価格が相手の提示額より低ければその市場価格の見積もりを取り増額の要請をすることはできます。

また、レンタルバイクの期間が2週間というのは一般的には修理期間です。
全損で別のバイクを購入するなどの場合は期間の延長が認められることもあります。
長くても1か月程度でしょうが買い替えならば延長要請してみてください。

新車購入や修理をする場合はあなたの自由なのですきにすればいいのですが、相手から受けれる賠償金はあくまで時価価格40万円+αでしょう。不足分は自己負担になります。まぁ、新車で60万のバイクを70万かけて修理する人はいないと思いますが・・・。


それから、物損事故には慰謝料は発生しません。
慰謝料とは人身事故に伴う精神的苦痛に対する損害賠償です。
でもあなたは重い怪我こそ無いとありますが、軽い怪我はされておられるのでしょうか?であればその怪我に対する慰謝料は請求できるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる