ここから本文です

一般文芸と純文学の違いがわかりません。

アバター

ID非公開さん

2017/6/117:30:50

一般文芸と純文学の違いがわかりません。

私は今小説を書いているのですが、自分が書いている作品がエンターテイメントなのか純文学なのかがわからなくなってしまいました。


人に聞いたり、知恵袋の質問を読んだりしたなですが、そこには常に形式的な説明しかありません。
そういう回答をする人がはたして本当にどちらの作品も常に読んでいるのか甚だ疑問でしかありません。


でも実際にどちらも読んでみるとそこに明確な分け隔てがあるようには思えなくなります。

私の作品も、これがどちらに属するのか分からなくなってしまいました。



皆さんが実際に読み比べて受ける、純文学と一般文芸の印象の違いはなんですか?



多分書いてる人は皆、自分が何を書いているのかを自覚して書いてるはずなのですが、私にはそれがありません。
どちらも素晴らしい作品がありますし、同じように面白く読めてしまいます。

彼らは何をもって、
自分が書いているのは純文学だ!
私が書いているのは大衆文芸だ!

と自覚しているのでしょうか?

純文学作家だって売れなきゃ生活できないわけで、わざわざ書くのだから読んで欲しいわけで、そう思って書くわけで、もう訳がわかりません。

よろしくお願いします。

閲覧数:
187
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/6/300:51:52

境界は明確ではなく、松本清張はもともと直木賞候補であった作品で芥川賞を受賞したりもしていますし、井伏鱒二も逆の事例があったそうです。

どちらであっても同じように素晴らしい作品があるのですから、気にせず良い作品に仕上げることをお考えになった方が良いと思いますよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「純文学とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/6/219:54:49

森を切り拓くのが、純文学。
切り拓いた場所を耕しているのが、一般文芸。

shivugakiさん

編集あり2017/6/214:13:30

出版社が主催している文学賞があると思いますが、僕は、どの賞を取ったかによって判断しているように思います。いや、自分では読んでこれは純文学だろう、エンタメだろうと思うんですが、それは文学賞を取っているという要因でそういうふうに思わされているのかもしれません。

でもやはり、人間の心情を描こうとしているものや、文体を読みやすくするのではなく、文章表現に工夫をこらすというか、これしかない書き方を追求しているのは純文学ですし、人物造形の丁寧さよりも、ストーリーや事件性などで読者に興味を持たせるものがエンタメだと思います。
もちろん、両方の要素を秘めているものもあるとは思います。しかし個人的には、同じように映画やロックンロールが登場しても、村上春樹は純文学で、伊坂幸太郎はエンタメだと感じます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/6/120:21:37

自分や親族の恥ずかしいことを書くのが純文学、自分とは関係のないことを書くのが大衆文学。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。