ここから本文です

データ(非著作物)の盗用に対して何かしらの法的責任を問われることはあるのでし...

アバター

ID非公開さん

2017/6/600:14:45

データ(非著作物)の盗用に対して何かしらの法的責任を問われることはあるのでしょうか?

例えば,東洋経済新報社は企業の財務情報などを会社四季報として販売していますが,このデータをCSVなどの形式に変換して販売した場合,違法性はあるのでしょうか?

補足追記
もし,これらのデータを使ってデータ解析を行い,結果をブログなどで公開した場合はどうでしょうか?

閲覧数:
60
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kor********さん

2017/6/607:45:15

問題を三つに分けて回答します。

★データ(非著作物)の盗用に対して何かしらの法的責任を問われることはあるのでしょうか?

あり得ます。そのデーターが「営業秘密」(秘密として管理されている生産方法、販売方法その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であって、公然と知られていないもの)である場合、その盗用は不正競争防止法に違反します。
しかし、質問の趣旨全体から考えて、この問題は重要で無いと考えますので、これ以上説明はしません。

★『会社四季報』は著作物であるか。

質問に(非著作物)と決めつけてありますが、非著作物であれば、それをどのように使用しようと、複製しようと、何ら問題はありません。

しかし、『会社四季報』は、会社についてのデータを集め、それを独自の思想に基づいて、会社の重要な情報が分かるように「表現」し、しかも、それらを編集したものです。
よって、著作権法に言う「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(学術分野)に相当し、明らかに著作物です。
この点で、質問の前提である(非著作物)という考え方が間違っています。

★ 例えば,東洋経済新報社は企業の財務情報などを会社四季報として販売していますが,このデータをCSVなどの形式に変換して販売した場合,違法性はあるのでしょうか?もし,これらのデータを使ってデータ解析を行い,結果をブログなどで公開した場合はどうでしょうか?

一般に著作権法で保護されるのは、創作的な「表現」であり、その内容には及びません。例えば、技術論文は著作物ですが、そこに示されている技術的事項は著作権保護の対象にはなりません。
しかし、小説、新聞記事になると、その内容が「表現」となり、これらの「要約」を作ったり、一部を変更したりすることは著作権法違反になります。新聞記事の場合、「事実」だけを示すのは著作権法違反になりませんが、表現方法の「要約」とされると、著作権法違反になるという微妙な問題になります。

たとえば、日本経済新聞社は、日経株価指数には著作物であると主張しています。http://www.nikkei.com/info/copyright.html
単なる株価の羅列でなく、特別な思想の元に計算されたデータであると言うのがその理由です。

過去の回答が見つかりました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121531484...

『会社四季報』の一部無断転載については、裁判になりましたが、和解で解決しているため、転載内容等が不明であり、質問のような、データー解析を行って新しい著作物とすることが違法であるかどうかは分かりません。

http://corp.toyokeizai.net/news/wp-content/uploads/sites/5/2015/02/...

只、このように、「特別な思想」の元に集められたデータについては、それ自身が著作物とされる可能性があり、その加工は著作権法の「翻案権」を侵害する可能性があって、非常にグレーであると考えられます。
もし、問題となった場合には、訴訟を覚悟しなければならないと思われます。
正確には、裁判の結果を待たなければ判断できません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/6/622:19:52

    丁寧な説明ありがとうございます。

    >『会社四季報』は、会社についてのデータを集め、それを独自の思想に基づいて、会社の重要な情報が分かるように「表現」し、しかも、それらを編集したものです

    とあるのですが,四季報の中に含まれる企業の決算情報は,上場企業であればIRとして外部に公表しているため,簡単に入手可能ですよね?ということは,仮に裁判になった場合東洋経済新報社は「データが四季報から盗用された」ことを示さないといけないと思うのですがこれは困難を極めるのではないでしょうか?(少し最初の質問の趣旨から逸れていますが...)

    もうひとつ,例えば為替情報を集めたものを著作物として認められることはないと思うのですが,なぜ「会社の決算情報」を集めたものは著作物として認められるのでしょうか?理系の人間からしたら「データ群に思想が介入しているかどうか」は結局主観でしかないように思えてしまいます。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/6/8 12:08:04

しっくりはきませんが大体分かりました。ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる