ここから本文です

去年の9月7日に交通事故にあいました。 私はトラックの中央座席に乗っていて、...

sas********さん

2008/7/220:53:57

去年の9月7日に交通事故にあいました。
私はトラックの中央座席に乗っていて、優先道路を走行していたトラックが右方向から来て、 こちらが一旦停止をしないてぶつかりました(当然、私は運転していません)こちらの車を運転していた加害者は会社の社長ですが、今年の6月30日まで私が通院していたのにもかかわらず謝りにも来ません。当然会社でも謝りませんでした。

状態は膝の骨折で40日ほど右足土踏まずから腿の付け根までギブスで松葉杖と6月30日まで鞭打ちの治療で297日間の通院でした。

保険会社は損害額ジャパンです。

精神的損害の名目で示談の提示が有りました。

治療費別で952300円です。10%上乗せして有ると書いてます。

搭乗者保険も加害者と保険の代理店とで何の説明も無く勝手に加害者側の口座に振り込んでしまい、払わないと言われました。

加害者が会社の社長で仕事中の事故で夜も眠れず悩んだ末に会社を辞める事にしたら、辞めるなら払ってやると言って3ヶ月位して受けとりました。

2月20日に会社は退職しています。(会社は1日も休みませんでしたし、休んで良いなんか言われませんでした)

経緯からして、この提示は妥当なのでしょうか?


詳しい人が居たら教えて下さい。

お願いします。

補足保険会社を間違えて書いてしまいました。

保険会社は損保ジャパンです。

閲覧数:
332
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ez_********さん

2008/7/305:58:55

示談書に署名捺印してしまってあれば、もはや打つ手はありません。示談成立前ならまだ手はあります。
提示金額が高いか安いかは判断材料が乏しいですが、保険会社の算定ですので、妥当とはいえないと思います。多分低いでしょう。
まず、勤務時間内の(拘束時間内の)事故であれば『労働災害』として認定を受けることが出来ます。
http://www.rousai-ric.or.jp/
で確認下さい。労災であれば、届出をすることで社長に一矢報いること出来るでしょう。
その後の会社の対応については弁護士に相談されることが望ましいです。事故以前から、事故内容、その後の会社の対応、離職の経緯をきちんとまとめて、各地で実施されている『無料法律相談』あたりに申し込んでみてください。
いずれにせよ、保険金を受け取ってしまっていますので、多分示談成立とされているでしょうから、今更ごねてみた所で賠償金はどうしようもないでしょうね。
後は、最後の手段として、示談書を『自分の意に反して』とか、『会社に預けていた印鑑を勝手に使用されて給与振込口座にいつの間にか振り込まれて』とか、『在籍との引き換え条件で強要されて』などのパワーハラスメントまがいの状況で無理強いされた事実が認められれば、示談書の効力を失わせることは可能かと思います。
相当体力的・精神的に疲れる作業になりますし、その結果多少増額できたとしても、当事者間には修復不能な遺恨が残ることは避けられません。社長・会社に復讐しなければ気がすまないのであればそれも止む無しですが、不毛な争いです。

一日も早く回復して、新天地で一所懸命仕事される方をお勧めします。

質問した人からのコメント

2008/7/4 13:23:59

有難うございました。

大変参考に成りました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる