ここから本文です

俳句・短歌・和歌に関する質問です。 現在ロシアに短期留学中で、語学学校で勉強...

oce********さん

2017/6/1122:53:24

俳句・短歌・和歌に関する質問です。
現在ロシアに短期留学中で、語学学校で勉強しているのですが
廊下に日本の俳句や短歌をロシア誤訳したものが貼ってありました。

文意を汲んで要素をピックアップしたりロシア語の文章そのままで検索を
掛けるとほとんど原文にたどり着くことができるのですが、以下の内容の
ものだけがどうしても原文にたどり着けません。

・作者は大愚良寛(他の俳句でも本文と作者の不一致が見られるので良寛でない可能性もあり)
・自然そのままの牡丹が花盛りである これを摘むことができるだろうか まさか、摘めるはずもない(拙再翻訳による大まかな文意)

現在ロシアにいるため図書館などで良寛の全集に当たることもできず頭を悩ませております。
お力をお貸し願えないでしょうか、よろしくお願いいたします

閲覧数:
97
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fem********さん

2017/6/1123:34:28

良寛と俳句・短歌・和歌をキーにして検索してみましたが、該当しそうなものは見つかりませんでした。
良寛の作で「牡丹」が出てくるものは「青嵐吸物は白牡丹」という俳句のみでした。
http://0209ko.sakura.ne.jp/ryoukan/kasyuu/ryoukanhaiku1.html
そこで検索キーを「牡丹 和歌 盛り」にしたところ、意外な句が見つかりました。
深見草 今を盛りに 咲にけり 手折るもおしし 手折らぬもおし
良寛
注・・深見草=牡丹の異名。花は春に咲く。
https://blogs.yahoo.co.jp/sakuramitih15/40325253.html
ご質問の文意とはずれていますが、これが一番近いものと思われます。「牡丹」ではなく「深見草」となっていたのが、原文にたどりつけなかった最大のネックだったのでしょうね。
それにしても、ここにたどり着くまで苦労しました(汗)。

質問した人からのコメント

2017/6/12 18:27:08

なるほど、異名でしたか…自分も「芍薬 和歌」などでは試したのですが花の名前に不得手なものでそこまで思い至りませんでした。かなりの労力を費やしていただいたようでありがたいやら申し訳ないやら。手折るに相当するロシア語がない(無い、というのは正確ではなく単に「折る」、というといささか乱暴なニュアンスが生まれてしまう)ために「摘む」を意味する語を当てたのでしょうね。ともあれ、本当にありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる