ここから本文です

ボストンのフェンウェイパークは高さが違う外野フェンスが連続しているため、ポー...

vbt********さん

2017/6/1312:26:31

ボストンのフェンウェイパークは高さが違う外野フェンスが連続しているため、ポールのほかに黄色い第3のラインが引かれていてホームランの判定に使われています。

ラインに打球が当たった場合はホームランでしょうかフェアでしょうか。

ヒューストンのミニッツメイドパークもレフトのフェンスに(かなり複雑ですが)黄色いラインが引かれています。またデトロイトのコメリカパークは外野フェンスの上部が黄色に着色されています。
これもフェンウェイパークと同様ホームランの判定に使われているのでしょうか。
だとしたらライン上の打球はホームランでしょうかフェアでしょうか。

その他にホームランの判定についてのグラウンドルールがある球場をご存知でしたら、同様に解説をお願いします。

閲覧数:
41
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yui********さん

2017/6/1312:26:56

実はワタシも先日気になっていたので調べたのでその時の抜粋を;

ユニバーサル・ルール(結構項目が沢山あるのですが)=外野で黄線で表示されている部分の場合はそこに当たればイン・プレイ、従って外野フェンス部分はHR。因みにヤンキース、カウフマン、セルラースタジアムはこのユニ~ルールしか適応されておらず他の球場では独自のインディビジュアル・ルールってのがあるそうです。以下その一部です。


メトロドーム(ミネソタ・ツイン)=ドームの屋根部分に当たれば自動的に二塁打。
ミニッツ・メイド(ヒューストン・アストロス)=外野のポールに当たったボールはイン・プレイ、当たって観客席に入った場合はHR。
トロピカーナ・フィールド(タンパ・ベイ・レイズ)=天井部分の足場(下の部分)で外野の黄色ポール間に当たった場合はHR,ですが上部に当たった場合はイン・プレイ。

リグレイ・フィールド(シカゴ・カブス)=外野のアイビー部分に入ってしまった時は打者と走者に自動的に二塁進。

番外編でドームの面白いルールを;

ロジャー・センターでは試合中の開閉はNo,Noだそうです。

どこのドームでも閉めたままで試合開始になった場合は途中で協議の結果開ける事は可能だそうですがそれを閉めて再度開けると言う事は出来ないとか、、それも表の攻撃前に限定。

とまあところ変われば、、のようですがこのヘンもみっちり覚えてプレイしなきゃいけない選手も大変ですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる