ここから本文です

「共謀罪の適用の条件」について良くわからないのですが、 個人的なことへの...

cdj********さん

2017/6/1621:01:36

「共謀罪の適用の条件」について良くわからないのですが、


個人的なことへの適法ではなくて、「2名以上の、犯罪集団やテロや暴力団への適用」なのでしょうか?

また、「共謀」罪って言うくらいだから、「共犯者?」がいないと適用にはならないのでしょうか?

また、270以上の罪?に適用されるらしいですが、テロ行為や、暴力団絡みの、ことで、一般人には関係ないものが多いのですか?


無知で、すみませんが、お願いいたします!

閲覧数:
22
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wyv********さん

2017/6/1705:01:08

大体あってるように見えるけど補足も含めて以下が要件の概略

正式名称:テロ等準備罪(共謀罪というのはマスコミが印象操作の為
に勝手につけた名称なのでそういう罪名は存在しない。)

1)複数名以上の「組織体」であること

2)組織のその構成員
※但し構成員でなくとも、その組織、若しくはその構成員を賛助した者、
計画に加わった者はテロ等備罪に問われる可能性がある。(「情を知って」という条件が罪によってはつく)

一部野党議員がこの点質問してたが、例えば暴力団員に「政府をやっつけるから
助けてくれ」と頼まれてその暴力団員を賛助したらテロ等準備罪に
問われる可能性があるということ。

当然だよね、一般人が暴力団員と接触してましてや暴力団に加勢するとか、
その時点でその者は一般人とは言えなくなるし、暴力団員にそもそも一般人が
接触しようとはしない。暴力団員でなくとも暴力団に接触し援助しようと
してる奴を一般人とは到底言えないだろう


3)※但し「表面上」一般団体としての活動を行っていたとしても、それは
見せかけであり、組織の実態、正体として上記の前述2)の計画を
企図しているのであれば検挙の対象となりうる。

→ 人権団体、平和団体、反戦団体、反原発、労働団体を表面装ってるが、
実態は極左暴力集団等の犯罪組織、或いはその犯罪組織を資金的人員的に
賛助している団体などがこれにあたる。

ここにおいてそれに加入してない関わりのない一般人がそういう団体と
かかわり助けたらどうなるか?
この例は2)の但し書きと同様といえる。

表面上綺麗ごとを言ってるだけで実態がよく分からないような団体を
援助したりするだろうか?

赤い羽根募金や日本赤十字社みたいに、活動も収支実態もはっきりとした
証明可能なまっとうな団体とちがって、そういう団体に関わること自体
が自ら一般人ではないと疑われても仕方ないというのが前述から分かる。

4)その組織は懲役刑で4年以上の犯罪を行う事を計画している条件が付く

以上を考えるとテロ等準備罪に問われるというのは、ごく普通に日常を送ってるだけの一般人ならまずもって起こらない。

質問した人からのコメント

2017/6/17 21:56:19

回答ありがとうございます!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる