ここから本文です

とんでもない事に気付きました。コペンもS660も、2シーターのオープンなので...

y73********さん

2017/6/1814:09:40

とんでもない事に気付きました。コペンもS660も、2シーターのオープンなのですが、ダイハツはオートバイを作っていない。ホンダは、昔からオートバイを作って来た。その違いは、間違いなく2シーターオープンの

パッケージングにも反映されただろう。どういう風に反映されてるのか、皆さまのご意見を、お聞かせください。

補足ベストアンサーらしきものがない ‼ 目立ってたのは、大昔のダイハツ(ダメハツでは、決して無い ‼馬鹿たれ。)を引っ張り出して、根底崩れますか?
昨日、昨今のデザイン(当然、クルマのみ)傾向が見苦しい(歩行者との衝突損害の軽減)のはエンジンとエンジンフードの間にクリアランスが必要だからで、エンジンなければnoseラインを下げられる!?

閲覧数:
2,527
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ski********さん

編集あり2017/6/1815:11:42

他社がFRだのAWDだの言ってるなかで、

スポーツカーに対するホンダの考え方は様々です。
シビックタイプRのように
FFでスポーツカーを作ろうとしたり、
S2000のようにFRで
キレキレのエンジンを載せて、
それをクローズドボディ並の高い剛性で且つ、
オープンにしたり。

しかし、ホンダのスポーツカーの真ん中にあるのは、

ミッドシップであること、

というフィロソフィーです。

なぜならホンダの血液とも言うべきF1が
ミッドシップだからです。

開発者の中には、
本当は市販フォーミュラを作りたい、という人もいるそうです。
フォーミュラとはシングルシーターのこと。

ミッドシップの目的は運動性能、
コーナリング性能です。

フェラーリもランボルギーニもアウディR8も
世界の名だたるスポーツカーは皆、
ミッドシップですし。



したがって、新旧NSXとビート、S660、は
ホンダスポーツの精神が
色濃く体言された車種といえる、
そう思います。



ちなみに、そもそも、
オートバイもミッドシップです。
ホンダのモトGPでは
マスの集中化に取り組み、
重量物を車体中央に集めるコンセプトがありましたね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

maz********さん

2017/6/2307:11:07

その違いは、間違いなく2シーターオープン

ホンダは基本ミッドシップ
ダイハツは基本前輪駆動

その違いは、間違いなく2シーターオープン

ホンダは基本ミッドシップ
ダイハツは基本前輪駆動

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

uga********さん

2017/6/2306:56:44

オートバイと自動車は無関係です。
オープンは、ダイハツは昔から作ってるよ

zeb********さん

2017/6/2306:34:12

正直言って、今のホンダのモノ作り精神は4輪まで反映されていないと思います。少なくとも、S660の開発に関しては「チャレンジ精神」はあるとは思いますが、ドライバーのカーライフまでは想像できていないと思います。

私はバイクに乗っていた経験はあります。バイク選びをするならホンダは選択肢に入りますが、車選びではまず入れません。

それはバイクのホンダと車のホンダは全くの別物と考えているからです。バイクのホンダは、ライダーのバイクライフをしっかり想像してできています。乗り手のことをとことん考えたバイクといえばスーパーカブが良い例かな。自転車での出前や郵便配達のニーズを素晴らしく満たしています。

配達物片手に運転することを想定し、クラッチレバーなしのギアチェンジを実現。発売された当時は、ほとんどの道路が舗装されておらず雨が降れば泥道は確実。その泥はねから乗り手の足を守るためにガードが標準装備。その上燃費は脅威のリッター44km。発売された当初から原型をほとんど変えずに現代まで今や世界中で愛されている名車中の名車。

このホンダが開発したにしては、S660はどうも不自然に感じます。確かにミッドシップで走りに特化した車を軽自動車という規格の中で実現したことは称賛に値します。しかし、ドライバーのカーライフを想像できているかという点を考えるとやはり微妙に感じてしまう。単に走りに特化した車であるなら公道を走れる車ではなく、サーキットをぐるぐる走り回るゴーカートの方がよっぽどしっくりくる。あのスーパーカブを開発したメーカーと同じであるなら、ドライバーのカーライフをもっと考えて開発したであろうと思います。

本田宗一郎の息吹きのかかっていたビートでさえ、少ないものの積載性があり、ドライバーのカーライフを想像できていた車であったと思います。

バイクも作っているメーカーだからあんなに素晴らしい車が生まれたと質問者さんは思っているのかもしれませんが、私はその逆です。あんなに素晴らしいバイクが作れるのに何であんな微妙な車を世に出したのかと私は思います。

そもそも積載性があまり望めないなら、わざわざタルガトップのオープンカーにする必要はなかったと思います。逆に少しでも積載スペースを確保するために最初からハードトップ仕様すれば良いはずです。それに軽自動車という規格で作るというのはコンセプトカーとしては面白いとは思いますが、実際市販化されるなら軽自動車規格にこだわらずトヨタの86のように5人乗りの2ドア車にすればまだ良かった気がします。

バイクのホンダを見れば細かなところまで、バイクライフを想像し、設計していて感動します。ですが、本田宗一郎の亡き今、車のホンダは技術的な挑戦に果敢に挑むものの、カーライフを想像しないモノ作りに励んでいる。

長々と書きましたが、以上です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hhv********さん

2017/6/1917:05:49

どうなんでしょ…

今のホンダは2輪と4輪でほとんど別々に開発してるし、ビートのころは本田宗一郎のスピリットみたいなものを感じたけど今のS660とか何かが違う。

とはいえ、ステップワゴン辺りでも未だにサーキットで何秒とかやってるハズ…
そういうメーカーではあります。

hok********さん

2017/6/1914:14:48

ホンダはどの車を見ても

「自動四輪バイク」

ってお考えください。

ダメ発はヨタ社下請け、ヨタ車二軍ですので、
そのうちヨタ車マークを付けて販売されても
おかしくないですね。
売れ筋車でヨタ社の車と併売、しらないうちに
ヨタ車シリーズに編入されちゃう事例も過去にありま
したしね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる