ここから本文です

統計資料に乗っている、総人口における「#外国人」数と「登録外国人」数が違うのは...

アバター

ID非公開さん

2017/6/2522:00:05

統計資料に乗っている、総人口における「#外国人」数と「登録外国人」数が違うのはなぜですか?

2010年の調査では「#外国人」が1648で「登録外国人」が2134になっています。(単位はいずれも1000人)

閲覧数:
37
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bla********さん

2017/6/2819:31:48

国勢調査人口と外国人登録人口の違いで、以前から指摘されている有名な問題です。結論を先に言えば、国勢調査人口には国籍不明人口が多く、これが外国人人口に含まれていないのが主たる原因のようです。

外国人問題を論じるときには、もっぱら外国人登録人口が使われます。5年に1度しかない国勢調査のデータは、実際には役に立たないから。

なぜ違いが生じたのか、その説明は下記論文が懇切丁寧です。

http://ci.nii.ac.jp/els/contents110009825243.pdf?id=ART0010333112

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/6/2602:16:57

正確なところはその統計資料を見ないとわかりませんが、
2010年当時あった外国人登録(現在廃止されている)上、
登録外国人は日本にいなくても登録されたままでした。

つまりその差は、特別永住者・永住者・定住者5年・日本人の配偶者等3年などの在留資格を持っている登録外国人で、日本国外に住んでいる者の数と思われます。再入国許可を取得していればその有効期間(3年・特別永住者は4年)内は日本国外に住んでいても在留資格は維持できました。

にしても50万人弱はあまりにも多いですね。外国人登録していて出国し、再入国許可期間(3年・特別永住者は4年)内に再入国しなかった外国人は自動的に外国人登録は抹消されるはずなのですが、それが抹消されていなかったのかもしれません。それも平成24年に外国人登録制度が廃止された理由のひとつでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる