ここから本文です

株式分割についてです。例えば、発行可能株式が1000で、発行済株式が500とします。

tet********さん

2017/6/2007:47:39

株式分割についてです。例えば、発行可能株式が1000で、発行済株式が500とします。

1株所有していてが300円のときに3分割するということは、100円の株を3株所有するということと、発行済株式が1500になるということだと思いますが、発行可能株式も3000となりますか?

また、上記の例(1株300円)で公募増資するととはどのようなことでしょうか、募集額は1株200円です。株式数の変化と値段、新規株主と既存株主の長所と短所を教えてください。

基本的なことや用語等に誤りもあると思いますが、お願いします。

閲覧数:
201
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2017/6/2610:02:43

株式分割後の株数が発行可能株式総数を超える場合には別途その旨の定款の変更をしなければなりません。

公募増資は会社が新株を発行して資金調達をするってことです。当然既存の株主にとっては希薄化が起こるのでマイナス要因です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる