ここから本文です

進撃の巨人 進撃の巨人での質問です。 ①物語の一番初め、845年に超大型巨人が...

さん

2017/6/2100:07:34

進撃の巨人

進撃の巨人での質問です。
①物語の一番初め、845年に超大型巨人が現れてウォールマリアが破られた時
②2回目に超大型巨人が現れてトロスト区に巨人が進入した時
③エレンが岩で

トロスト区の壁の穴を塞いだ時

この3つの時、調査兵団はなぜいなかったのですか?壁外調査に行っていたのですか??

①と②は仕方ないですが、③はなぜ調査兵団がいない時にトロスト区奪還を実行しようとしたのでしょうか…

調査兵団がいればもっと被害は少なかったはずだと思って気になりました。

閲覧数:
561
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2017/6/2111:19:08


調査兵団は壁外調査から帰還したばかりでボロボロの状態でした。当時の壁外調査は威勢良く出て行って大半が巨人に食われて戻ってくるというお粗末なものでした。「何の成果も得られませんでした!」って遺族に謝罪してましたよね。
彼らにあの後すぐに巨人に対処できるような力は残されていません。

②③
調査兵団は壁外調査で出払っていました。
リヴァイたちが外で戦っている様子も、異変に気づきすぐに引き返してきた様子も作中で描かれています。
ライナーたちも調査兵団がいないことを知っていてこのタイミングを狙っていました。
トロスト区の門が破壊されてからどんどん巨人が侵入してきますし、5年前の例からするといつ鎧の巨人が現れてウォール・ローゼが破壊されるやもしれません。調査兵団の帰還を悠長に待っている余裕は無いので、現状の戦力(駐屯兵団+訓練兵団)で対応するしかありませんでした。
それでも最終的には調査兵団が間に合ってリヴァイがエレンを救出。その後もトロスト区に侵入した巨人の殲滅に貢献しました。

「進撃の巨人」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hog********さん

2017/6/2102:44:32

全部、壁外調査の時です。

(1)はたまたまで、(2)は意図的に狙われたのかと。

(3)は調査兵団が帰ってくるのを待つわけにもいきません。
そもそも遠征中の調査兵団に助けを求める方法がありません。
しかし、エルヴィンが5年前と同じように巨人が北に移動していると気付いたので引き返してきました。
なので、エレンが穴を塞いだ時にリヴァイが間に合ったわけです。

hak********さん

2017/6/2101:30:44

調査兵団異変に気づいたとしてもいつ帰ってくるか分からない
時間かけすぎると奪還の成功率が下がり、突破される確率が上がる
このときは鎧の巨人の正体知らなかったから、またいつ出てきて突破されるかもとか考えてたのかも

多分こんなところではないでしょうか?

sia********さん

2017/6/2101:20:00

●ウォール・マリア破壊時
これは偶然です


●ウォール・ローゼ破壊時
ベルトルトとライナーが、調査兵団がいないタイミングを狙ったのでしょう


●トロスト区防衛戦
超大型が外門を破壊した以上、いつ鎧が現れて内門を破壊されるか分からない状況でした

内門を破壊された時点で壁内人類の滅亡が確定します

悠長に調査兵団の帰りを待つ余裕なんてなかったので、現地戦力で即刻対応するしかありませんでした


あそこで調査兵団を待っていたら人類は滅亡しています

Nagahama_Rさん

2017/6/2101:03:57

調査兵団がいつ帰ってくるか分からないし、巨人がどんどん入ってくるからだと思います。

あの時はアルミンが考えた、壁に張り付くだけの案があったので、被害が少なくなると思ったのでは無いでしょうか。

ryo********さん

2017/6/2100:43:40

この時調査兵団は壁街調査にでてました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる