ここから本文です

よくある死の表現とその宗教観を教えて下さい。 たとえば… ・天国で笑っている...

アバター

ID非公開さん

2017/6/2315:28:21

よくある死の表現とその宗教観を教えて下さい。
たとえば…

・天国で笑っているでしょう
これは中国経由の仏教ですかね? 死んだら雲の上に行くやつですか? だとして、しかし悟りを開い

たということとは別ですか? アルカイックスマイルのはずですが、そういうイメージで言っているんですか?

・天国に旅立ちました
天国への旅とは? キリスト教なら最後の審判の後天国に行くのですから、旅ではないですよね?

・旅立ちました
天国と言ってないなら輪廻転生のことを指すのでしょうか? 何億年も前から続くこの輪廻転生をまた回りに行くということなら素晴らしい考えです。天国とかつまらないことを言ってる日本人は死んでくれませんかね。

・成仏しました←言いませんね。

・お空で笑っている←??? 一周回って唯物論で、死者については生者が想いを馳せるのみということでしょうか。

主に「旅立ちました」「天国で…」あたりがどういう宗教観の「天国」「旅」なのか気になります。
よろしくお願いします。

閲覧数:
38
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vdg********さん

2017/6/2519:37:06

たとえば、庭の木々(公演でもいいけどねー)は、去年と今年では違ってるかなー?春に舞う蝶や夏のにぎやかな蝉しぐれ、秋のアカトンボなんかはどーかなー?毎年変わってる?

たぶん同じだよねー。あなたが意識していても、していなくても、それらはいつもそこにいて、あなたが気が付けば去年と同じ顔で挨拶してくれるかもねー。

そのような世界に帰っていくこと、それが「旅立ち」「天国で・・」なのかなー。
実際は、あなたもそのような世界の一部であるはずなのに、いつのまにかそれを忘れて、自分は違うっていう観念にとらわれてしまってるのかなー。死に接することで、そのことを思い出すチャンスを与えられているんだよきっとー。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる