ここから本文です

武田信玄の上洛目的 及び作戦 浅井朝倉 三好三人衆 大和松永 六角残党軍 あと小...

ta1********さん

2017/6/2612:17:13

武田信玄の上洛目的
及び作戦
浅井朝倉 三好三人衆 大和松永
六角残党軍 あと小勢力を蜂起させて
信長を近畿に釘ずけにさせて
兵の出せない間で尾張美濃を取ります

信長の性格上裏切りが多いので
誰かを裏切らせ
雪崩打つように次々内通者続出
ただしうまくいけばです
まったく不可能でないと思うのですが
これが武田の理想の作戦
信長が3万で岐阜に待機しているなど
理想どうりいきませんでしたが
どうおもいますか

補足当然一つ一つ城を落とすには時間がかかるので
内通者続出すれば尾張美濃を落とせる
理想論ですが

閲覧数:
98
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sen********さん

2017/6/2613:16:27

信玄が二俣城や野田城を攻略したのは、今川氏真を滅ぼして駿河を掌握したのに続いて、徳川家康との密約を反故にして遠江をも完全に掌握するためでした。ただ、この時点では掛川城や高天神城は家康が確保し、そのラインが破れないので、西側から回り込んで攻略を図ったわけです。
かりに信玄がもう少し長生きしていたとしたら、遠江と奥三河を確保し、家康を岡崎に追い込むことはできたかもしれません。ただ、徳川・織田を撃破してさらに西進し、信長の策源地で経済の先進地帯である尾張・美濃・伊勢をも突破し、近江に突入して「明日は瀬田に旗をあげよ」と号令を出すには、姉川合戦で打撃を受けた浅井・朝倉はあまりに弱体です。毛利も背後に大友がおり、東西呼応して上洛できる状態ではありません。また、信玄としても西上には北条と同盟を組むのが絶対条件となりますが、今川を含めた三国同盟が破られ、今川に嫁いだ娘が難民状態で実家にたどりついたことに北条氏政は憤っており、また蒲原や上州で拮抗している状態だったので、実現は難しいでしょう。また、この時点では上杉は織田と対立しておらず、信玄の上洛作戦に呼応して武田が確保している善光寺平を脅かす可能性もあります。
結論からいうと、御察しの通り本能寺の変を10年早く起こすしか、信玄上洛の可能性はなかったでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる