ID非公開

2017/6/29 19:09

44回答

Xジェンダーは、

Xジェンダーは、 性同一性障害に入りますか? 又、その理由は何ですか? 宜しく御願い致します!

メンタルヘルス | ヒト491閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

Xジェンダーの「概念」が性同一性障害に入るかどうかと言えば、入りません。 入らない理由はジェンダーアイデンティティが男女どちらかに確定していないからです。 これは《性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン》に記載されていますが、ジェンダーアイデンティティの判定において、 ・自らの性別に対する不快感・嫌悪感 ・反対の性別に対する強く持続的な同一感 ・反対の性役割を求める といった事が全て該当するかどうか判断されるのです。 書いてある通り「中性」「両性」「無性」「不定な性」「第三の性」ではなくて、【反対の性】です。 https://www.jspn.or.jp/uploads/uploads/files/journal/gid_guideline_no4_20170520.pdf でも、貴方が性同一性障害であるかどうかは誰にも解りません。 今ここでご質問されている段階では貴方が診察を受けているのかどうかも解りませんので、「貴方は性同一性障害に診断されていない」としか言いようがありません。 これは、例えば貴方が「痔は大腸癌に入りますか?」と質問するのと同じです。 痔は大腸癌ではありません。 ですがもし便に血液が混じる様なら、痔ではなくて大腸癌の可能性があります。 ただ、それは貴方が病院に行き検査を受けてみなければ、大腸癌かどうかは誰にも解りません。 それと同じ事です。

その他の回答(3件)

1

簡単に答えれば入る場合もあれば入らない場合もあるというのが最初の質問の答えですね。 詳しく話をするためにまずXジェンダーと性同一性障害という名称について説明していきますね。 どのような言葉も人が作り出してきたものですが、 XジェンダーというのはこうしたLGBTとか言われる当事者の中で単に男性とも単に女性とも性自認(自分自身の性別をどう感じていて認識しているか)の性別を思えない人たちの中から自分達の言葉を表すために生まれてきた言葉です。 ですから、単に男性や単に女性といことに当てはまらない性別を性自認とする状態やそういう人のことをいう総称になります。 実際の性自認、つまりジェンダーアイデンティティ(gender identity)には中性や両性や無性など多様なタイプがありますが個々の人で特定の性自認を持っています。ただ、単に男性だとか単に女性だとか性自認をとらえている人の中にはよくわからないというイメージがあるようですね。 次に性同一性障害ですが今の日本での実情として二通りの使われ方をされている感じです。 一つはGender Identity Disorderという診断名を日本語に訳するために造られた言葉であるという本来の意味としての診断名の名称としての使われ方。 もう一つは診断名としての名称の性同一性障害が知られるようになり一般名称としてのトランスジェンダーと同様の使われ方。(当事者でこうした使い方をする人もいるようですが、どちらかというとメディアや非当事者でこうした使い方をする人がいるという感じですね) ただし、診断名を一般名称として使うということへ問題や批判があったり、診断名の性同一性障害とトランスジェンダーとでは違いがあるため診断名の性同一性障害のイメージの影響でトランスジェンダーにあてはまる人の中に抜けおとされてしまう人がでてくるという批判もあります。 ではまず、一般名称としての性同一性障害は性自認の性別と身体の性別とが一致していないことになります。 Xジェンダーも基本的には性自認の性別と身体の性別とは一致していないので、 一般名称としての性同一性障害にXジェンダーに入ると言えます。 さて、本題の診断名としての性同一性障害についてですね。 現実としてXジェンダーの性自認の性別からの状態を医師に説明して性同一性障害という診断が出る人もいます。 この場合は性同一性障害の周辺群にあてはまるという感じのようですね。 また、性同一性障害という診断が出てから身体の性別の移行を行なったあと、移行後の身体への拒絶感はないものの、生活の中で移行前の身体の性別と同じ性別感も自分の中にあるということに気づいてXジェンダーであるというふうに言う人もいるようです。 ただ、Xジェンダーに医師によって性同一性障害の診断が出ることがあることには間違いはないです。 ですが、Xジェンダーにあてはまる誰もが性同一性障害という診断が出るわけではないので入ることもあれば入らないこともあるということになります。 どういうことでXジェンダーの性自認で性同一性障害の診断が出るのかということは、医師に聞くということに尽きるとは思います。 ですがあくまで参考としてもう少し考えてみることにします。 性同一性障害の日本での診断と治療のガイドラインの性同一性障害の定義ですが、 「身体的性別とジェンダ ー・アイデンティティが一致しないことが明ら かであれば,これを性同一性障害と診断する.」となっています。 またその診断のための内容として ・自らの性別に対する不快感・嫌悪感 ・反対の性別に対する強く持続的な同一感 ・反対の性役割を求める ということがあげられています。 中性や両性や無性や不定性ということも書かれていませんが厳密に性自認の性別が男性か女性でなければならないとも書かれていません。 反対の性別ということから男性や女性の性自認の性別が考えられるますが、強く持続的な同一感であり、持続的な完全な同一感ではないです。 Xジェンダーの性自認の性別感として身体の性別と反対にあたる性別の性自認が強い傾向の人もいます。つまり身体の性別が男性なら強く女性よりや身体の性別が女性なら強く女性よりの中性や両性など。 くわえて参考にするとされる国際的な分類基準にも「特定不能の性同一性障害」というものがあり、その中に性別的役割の違和感によるということが含まれるようになっています。 そういったことからXジェンダーの性自認の性別でも性同一性障害という診断が出る余地があるのではないでしょうか。 また、最近出たXジェンダーに関する本の中では、世界的に基準として使用されたりもするアメリカの診断基準の最新版が性同一性障害の名称と基準を変更して性別違和という診断名になりました。この性同一性障害から変更された性別違和の診断基準に反対の性別ということだけでなく別の性別という考え方が入りました。 そのことでXジェンダーの一部への性同一性障害の診断が出るようになりやすくなったのではと書かれてあります。 ですが日本の場合、Xジェンダーで性同一性障害という診断名が出ることはありますが、どちらかというとさっき述べた性別違和という診断名が出る場合が多いのが現状です。

1人がナイス!しています

0

入りません。 Xジェンダーというのは一般人が勝手に作った造語ですが、医学的な診断名を付けるとしたら広義の「性違和症候群」となります。 性同一性障害は、生物学的性別とは「反対」の性別に所属している意識を持ち、「反対」の性で生きる事を望む人の事です。生まれが女性なら男性として、生まれが男性なら女性として、ハッキリとした意識・感覚があります。 Xジェンダーは男女どちらにも所属意識の無い人、もしくは男女どちらにも所属している意識のある人を指します。 性同一性障害は、性別二元論(性別には男と女の二種類しか存在しないという考え方)に基づいて発見・研究されている疾患です。Xジェンダーの様に「第三の性」という考え方は当てはまりません。

0

入ると言えば入りそうな… 一応クエスチョニングという分類なので でも、個人的には性同一性障害とXジェンダーはまた違う気がします 同じ分類ではあるけど中身は全然違う的な ネコ科(性同一性障害や性別違和)のライオンや猫(FtMやXジェンダー)みたいな感じかなと