ここから本文です

十訓抄の大江山で定頼中納言が「丹後へ遣わしける人は参りたいや。いかに心もとな...

アバター

ID非公開さん

2017/7/115:31:14

十訓抄の大江山で定頼中納言が「丹後へ遣わしける人は参りたいや。いかに心もとなくおぼすらむ」とはどういう意味ですか?

解説宜しくお願いします。

閲覧数:
523
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2017/7/119:19:00

直訳すると、

丹後へおやりになった人は参りましたか?さぞ待ち遠しくお思いでしょう。
となります。
意訳すると、
「お母さんの和泉式部に歌を読んでもらうために丹後に送った使いのものは帰って参りましたか?使いのものが帰ってくるのをさぞ待ち遠しくお思いでしょう。」
という感じでしょうか。中納言が小式部内侍をからかって言ったものですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる