ここから本文です

以前青空文庫で読んだ作品で「病にかかり、腹水を抜いてこんなに水が入っていたの...

ccc********さん

2017/7/310:40:42

以前青空文庫で読んだ作品で「病にかかり、腹水を抜いてこんなに水が入っていたのかと驚いた」というようなことが書いてあるものがあったのですが、作家の名前も作品のタイトルも忘れてしまいました。

どなたか心当たりのある方がいらしたら、教えて下さると光栄です。

閲覧数:
60
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bla********さん

2017/7/401:15:04

ほかに青空で読めるものだと
石川啄木『郁雨に与ふ』とか。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000153/files/48154_36754.html
驚くよりも気が遠くなっているようですが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fuu********さん

2017/7/323:02:25

青空文庫で「腹水」で検索したら、3つの作品がヒットしました。
小栗虫太郎「失楽園殺人事件」、
小酒井不木「メデューサの首」、
森鴎外「カズイスチカ」、
以上です。
このなかで、お腹にたまった腹水が大量であることを示す記述があるのは、「失楽園殺人事件」だけです。
「自然は余の触手をまたず、幹枝に大腹水症を発せしめたり。六尺余りに肥大せる腹を抱えて、」
「幹枝の腹から出た腹水と、膜嚢を容れた大きな硝子盤が、その上に載っていて、褐色をした濁った液体の中に、二十余り鼈の卵みたいに、ブヨブヨしたものが浮いていた。そして、異臭も腐敗した腹水から、発していることが判った。」
いかがでしょうか?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる