ここから本文です

「十六夜や追炊やめて梨の味」俳句の意味を教えてください。 「追炊」をやめるの...

mou********さん

2017/7/415:00:09

「十六夜や追炊やめて梨の味」俳句の意味を教えてください。
「追炊」をやめるのなぜですか

渡辺水巴

閲覧数:
106
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jij********さん

2017/7/416:34:16

”初めに炊いたご飯では足らないので、追加して炊こうと思ったがやめて、デザートの梨にした”という意味でしょう。十六夜は、陰暦(旧暦)ですと8月16日で秋の季語ですから、食欲の秋に掛けているのではないでしょうか、”食欲の秋であり、初めに炊いたご飯では足らないので~~”です。なぜやめたかは、”食べ過ぎになるから”ではないでしょうか。

  • 質問者

    mou********さん

    2017/7/417:07:19

    回答ありがとうございます!「初めに炊いたご飯では足らないので、追加して炊こうと思ったがやめて、デザートの梨にした”」
    なるほど ご飯が足りなかったのですね。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/7/8 08:37:19

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

「十六夜や 追炊やめて 梨の味」
十六夜だ
追加の炊きを無用にして梨を味あう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zhu********さん

2017/7/416:42:44

十六夜の月を澄んだ夜空に見たかったからでしょう。
「十六夜」と「梨」は秋の季語。季重なりですね。

渡辺水巴は1882~1946。俳壇での活躍時期は1900年以後。
昔は夕方明るい内に風呂を焚きました。現在のようにガスや電気を使う風呂はなく、木ぎれや柴、藁、茅など燃える物はなんでも使った。煙突から煙が出ます。火の粉が散ると火事の元になるから心配です。
「追い炊き」は一度焚いたお湯が冷めたので、もう一度焚くことを言います。
でも、暗くなって、そろそろ月が昇る頃だから、追い炊きするのは止めて、梨を食べながらゆっくり月見をしようじゃないか。そういう意味です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる