ここから本文です

ジョシュハミルトン、 wikiを見ると、2017年1月17日、レンジャーズとマイナー契約...

アバター

ID非公開さん

2017/7/607:08:14

ジョシュハミルトン、
wikiを見ると、2017年1月17日、レンジャーズとマイナー契約を結んだとありますが、

彼は2012年12月に、2013年~2017年の大型5年契約を締結したはずですよね、
2017年の本来の年棒、約30億円は受け取らずにマイナー契約をしたということですか??

閲覧数:
154
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cal********さん

2017/7/609:37:22

結論から言えば今季は長期契約分の2841万ドルと
マイナー契約分の53.5万ドルの両方を受け取ると思います。

前者の長期契約はエンゼルスと12年~17年の
5年1億1400万ドルの契約残です。
15年にトレードでレンジャーズに移籍する際には
残り3年(15~17年)の残り約8300万ドルの内、
6300万ドルをエンゼルスが負担、1400万ドルは本人が破棄、
残った600万ドルをレンジャーズが負担するという事が条件でした。
(それ程エンゼルスは放出したがっていたという事)

よって今季の2841万ドルの内、2641万ドルはエンゼルス、
200万ドルはレンジャーズが支払います。

長期契約は結んだ時点で支払義務が発生し、
余程の事が無い限り、契約破棄や条件譲歩は起こりません。
(それが球団にとっての長期契約のリスクでもあり、
選手個人にとってのメリットですね)

その為、仮にハミルトンが昨年で引退していたとしても、
今季の年俸は支払われていました。

一方後者はその長期契約とは別物。
レンジャーズにとっては二重の支払いになりますが、
メジャー枠を使わず、マイナー枠として
ハミルトンを保有する為の契約です。

これもハミルトンが開幕前に怪我をして手術する見込となった為、
レンジャーズは彼を解雇しましたが、支払義務はあります。
(余程立場の無い選手なら、開幕前に解雇した場合に限り
支払義務が発生しない無保証契約もあるみたいですが)

怪我で引退となっても契約が終わるまでは支払が発生する
選手側の長期契約のメリットを考えると、
少し割安でも長期契約で将来を担保したい選手が
多くいるのも分かりますね。

アバター

質問した人からのコメント

2017/7/8 06:12:03

ものすごくよくわかりました!
どのニュースを読んでも、その辺りのところが詳しく書かれてないので、とても疑問に思っていました。
おかげでよく分かり、スッキリしました!
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

***さん

2017/7/608:52:06

両方もらうみたいだぞ。
http://www.spotrac.com/mlb/texas-rangers/josh-hamilton-887/cash-ear...
これを見ると2017年はエンジェルスから2641万ドル、レンジャーズから200万ドルもらっているな。右側にはトランザクションもあるんだけど、そこには
JAN 17 2017 Signed a 1 year $535,000 minor league contract with Texas (TEX)
と書いてある。
その下、直前のトランザクションはこうだな。
AUG 23 2016 Released by Texas (TEX)

by TEXつまりチームの都合でリリースされたわけだから2012年の契約のサラリーはもらうことができる。その上で今年の1月にマイナー契約したみたいだな。なぜそんなことをしたのか、事情は知らないが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる