ここから本文です

抗不安薬の離脱症状について

アバター

ID非公開さん

2017/7/800:01:50

抗不安薬の離脱症状について

私は軽~中程度のパニック障害を患っています。主な症状は頭のふらつき、めまい、嘔吐を伴う吐き気です。

2年ほど前から心療内科に通ってます。処方されるのは、アルプラゾラム(ソラナックス)とセニラン(レキソタン)です。アルプラゾラムは1日1錠、朝食後に服用してます。セニランは頓服薬として不安時に1錠服用しています。

服用して2年近く経ち、症状も以前より落ち着いてきたので主治医に服薬をやめたいとの旨で相談をしました。主治医が言うには「アルプラゾラム錠を、飲まない日を作って徐々に減らす・半分に割って服薬する、それで様子見を」とのことでした。

意気揚々とその日から減薬・断薬を試みたのですが、手の震え・頭がふらつく・めまい・寒気・吐き気等の症状が現れました。

調べると離脱症状に似ているので再度、主治医に相談しました。主治医が言うには処方している薬は大した量ではないため「思い込み」かもしれませんと言われました。結果、セニランを半分の量の薬で処方してもらい様子見でとのことでした。

ハッキリ言って私は服薬を止めたいです。しかし離脱症状が思いの外ツラくて止められないのが現状です。先生が仰るように「思い込み」かもしれません(私自身、周りの人より神経質で、始まる事も終わった事もずっと気にする性格だと思います)

そこで質問です。
(Q)抗不安薬は脳に影響を与えているため断薬・減薬をすれば離脱症状は出ると思うのですが、「思い込み」で症状の悪化や緩和は見られるのでしょうか?
(Q)離脱症状を人体に優しい方法で緩和させる行動、食事、習慣、治療(整体など)はありますか?またオススメがあれば教えてください。

同じ様な経験をされた方や、薬剤師の方からのご回答があれば幸いです。ご回答のほどよろしくお願い致します。

補足ちなみに参考になるかわかりませんが、お酒は全く飲みません。喫煙はしています。毎日コーヒーを2杯程度飲んでます。食欲・睡眠・性欲も人並みにあります。体型・体重・脂肪率は全て標準ですが、明らかな運動不足を感じています。

閲覧数:
549
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nya********さん

2017/7/1321:06:55

以前パニック障害でソラナックスを飲んでいました。離脱症状も経験しました者です。
私の場合ですが、毎日Max量数年飲んでいて徐々に減薬後に断薬しました。主に身体が動かしづらい感じや、頭がつられる感じ、肩がこる感じ。手先足先の違和感などが辛かったです。

Q1)「思い込み」で症状が悪化したり、緩和することはあると思います。 理由は悪い思い込みはそれ自体がストレスになるので、ストレスによって悪化することがあります。

Q2)症状を見ていて、時期的にクーラー病など(自律神経不調)の可能性もあるのかも?と思いました。暑い日が続いているので、健康な人でも、体調を崩しやすい時期だと思います。。
私が、離脱症状の時にはあまりにひどい時には、横になったりしていましたが、動けるようであれば散歩をして体力をつけたり免疫力あげたりしていました。後はお風呂に入って温まったりマッサージをして身体をほぐしたりです。離脱症状は辛かったですがゼロにしてから約2ヶ月で気にならないくらいまで治りました。

暑いので熱中症にも気をつけなければならないですが、散歩はオススメです。

時期に治ると良いですね、 お大事にしてください。

アバター

質問した人からのコメント

2017/7/14 14:23:55

ご回答ありがとうございます。
回答者様の言うとおり、毎年夏になると自律神経の乱れを感じています。クーラーの効いた部屋で横になる日が多いです。これからは少しずつ散歩等をして自律神経を整えつつ、時期を見計らって断薬・減薬したいと思います。ありがとうございました(^_^)

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wyp********さん

2017/7/1223:02:25

ワイパックスを2年かけて減薬し、もうすぐ断薬後2年経過しようとしている者です。

ソラナックスとレキソタンはベンゾジアゼピン系の抗不安剤です。
ベンゾジアゼピンは依存を形成するため、欧米では2~4週間以上の処方は認可されていません。

離脱症状は思い込みなどではありません。

ベンゾジアゼピンを長期連用すると、GABA受容体がダウンレギュレーションを起こして、減少します。
その結果、自律神経の抑制機能が低下します。
自律神経のブレーキ機能が弱まり、それをベンゾが支えている状態です。
ここで、ベンゾを減断薬し、ベンゾと言うつっかえ棒を取り去ると、自律神経が暴走し、離脱症状となります。

だから決して思い込みなどではなく、GABA受容体の減少と、それに伴う自律神経の抑制機能の低下という脳のダメージが発生していることが原因です。
長期に渡って脳がベンゾに晒された結果生じた脳のダメージを減断薬することで元に戻していく必要があります。

2年服用だと、依存と耐性は間違いなく形成されています。
年単位の服用では、減薬も年単位で考えます。
脳の回復は非常にゆっくりなので年単位で考える必要があります。

離脱症状は、漸減量を微量にすることで、コントロールすることが出来ます。
いきなり半分に割ったり、飲む間隔を長くする(隔日法)方法では難しいと思います。

とりあえず目安として1週間毎に1~5%単位で減してみてください。
仮に5%減らし、離脱症状が忍容可能な程度なら1週間ステイ(そのまま同じ量を飲み続けること)する。
離脱症状が治まったら次の減薬に進む。
離脱症状がきつい場合は、減らす量を、忍容可能な範囲なるまで下げる。
つまり1週間毎に4%ずつ→1週間毎に3%→1週間毎に2%→1週間毎に1% と下げていきます。
ステイは 1週間でなくても、2週間でも もっと長くしてもかまいません。
体調と相談しながら柔軟に進めていってください。

ちなみに私は 最初の1年は 2%ずつ、後半1年は 1%ずつ減らしました。

微量ずつ減らす方法は、液体(水や牛乳)に溶かして減らす方法と、粉砕して粉状にして精密天秤などで図る方法があります。
これらなら 1%=1/100(かそれ以下)ずつ減らすことが出来ます。
ワイパックスなら水溶液減薬が可能です。
http://furuhata7.blog68.fc2.com/

アシュトン・マニュアルを読んでないなら読まれたほうがよいと思います。
アシュトン・マニュアル
http://www.benzo-case-japan.com/ashton-manual-1-japanese.php#top

aor********さん

2017/7/1210:30:38

抗不安薬はやめにくいです。
抗うつ薬メインにして、不安軽減を図り、服薬を徐々に減らすことが良いと思います。

gts********さん

2017/7/917:34:57

細かい字が書きづらかったり、箸を持つ手が震える
場合は本態性振戦の可能性が疑われるかも。
重力に逆らい腕を持ち上げると手が震えます。

立位で人に押された際に、支える一歩が自然に出れ
ばパーキンソウ病の可能性は低いらしい。

y_i********さん

2017/7/811:37:43

>「思い込み」で症状の悪化や緩和は見られるのでしょうか?

パニック障害んお予期不安 による発作は「思い込みや思い違い」による事が殆どですので上手く行けば緩和よりもご自分で完治できます。

>離脱症状を人体に優しい方法で緩和させる行動

これは難しいですね。薬の効果がすっかり抜けないと何をしてもダメでしょう。
なお、身体の歪みや姿勢や飲食物がパニック障害に影響する事は無いと考えられます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる