ここから本文です

私のピアノ体験談 1大人になってからピアノを始めてもうまくならないというのは...

mal********さん

2017/7/1009:17:42

私のピアノ体験談

1大人になってからピアノを始めてもうまくならないというのはうそ
2大人がうまくならないのは十分な練習時間が取れないことによる

3だから、練習時間さえとれればうまくなる大人はいる
4ピアノを弾く上で一番題辞なのはゆびの形ではない
5卵を握るような形でとかいうが、本当に大切なのは背筋をまっすく伸ばすことである
6グレン・グールドが背中を丸めているのはうまくなってから丸めたのだと思う
7バイエル⇒ツェルニー⇒ソナチネ⇒ソナタの流れはまちがってはいないが、ツェルニーをえんえとやるのは時間の無駄である
8ツェルニーは100番と30番をやればよく、しかも全部やる必要はない
9電気ピアノを使うのもよいが、やはり本当のピアノでないとうまくならない
10それは体の承けとる響きがまったく違うからである
11曲集はモーツァルトとベートーベンのソナタを勧めるがモーツァルトは全部を弾く必要はない
12モーツァルトで弾く順番は15番、10番、8番、12番、14番がよい
13 11番のトルコ行進曲付のソナタはかなりの難曲であるのでなめてかかってはいけない
14ベートーベンのソナタは49-2と49-1の次はソナタ一番、ソナタ八番と進み、その後は23番熱情か14番月光のいずれかに進むとよい
15熱情と月光のどちらを選ぶかは本人の自由だが、月光の方が難しい
16ベートーベンのソナタも全部門やる必要はない
17弾く価値のあるベートーベンのソナタは一番、八番、14番、15番(田園)、17番(テンペスト)、21番(ワルトシュタイン)、23番(熱情)、26番(告別)、29番(ハンマークラビーア)、32番である
18なお、ベートーベンの三番はアリス紗良オットとミケランジェリも弾いているので弾いてもよい
19ベートーベンのソナタを弾き終えたら、ショパンのバラード、エチュード、マズルカをやるとよい
20その他にプロコフィエフのソナタ二番、ドビュッシーの喜びの島、バッハのパルティータなどをやるのもこの頃である
21どんなに自分が上達したと思っても自分からYouTubeにアップしてはいけない
22批判されて恥をかくからである
23逆に言えば批判されて恥をかきたいならYouTubeにアップすべきである
24YouTubeにアップして得られるのは、むなしい自己満足である
25グランドピアノトアップライトピアノのどちらがよいかは言うまでもなくグランドピアノである
26しかし、グランドピアノは場所を取るので50歳以上の人は余命を考えると購入することはお勧めしない
27老人がピアノを弾けないのに、金があるのでいきなりグランドピアノを買うことがあるが、よせと言いたい
28大人が女性講師のピアノ教室に断られても怒ってはいけない
29大人の男はめんどうくさいことが多いからである
30なお、これは大人になっても上手になれるという私の説とは矛盾しない
31ピアノを退きたくないときは弾かなくてよい
32その期間は音楽をレコードで聞く時間に充てるとよい(CD可)
33聞く音楽はベートーベンのピアノソナタ全曲、モーツァルトのピアノソナタ全曲、シューベルトの即興曲、シューベルトの後期のピアノソナタ、ムソルグスキーの展覧会の絵、ショパンのバラード、シューベルトのマズルカ、ショパンのソナタを二番、三番、リストのロ短調のソナタ(ファジル・サイの演奏)
34リストは一曲しかピアノソナタは書いていないが、それはこれ以上のものを書く必要はなかったからである
35ファジル・サイの演奏と指定したのはポゴレリッチで聞くと退屈だからである
36他にベートーベンの交響曲全集(ベルリンフィル、クリュイタンス指揮)、マーラー五番交響曲(ベルリンフィル、ハイティンク指揮)などもお勧めである
37マーラーを聞くときはゲオルク・ショルテイ指揮のシカゴ交響曲楽団がよい
38私のお勧めのピアニストはミケランジェリ、グレン・グールド、エッシェンバッハ、ブレンデル、アシュケナージ、アリス紗良オットである
39こうしたウンチクを語るとみんなに嫌われるので人には話さない方がよい
40なお、人前ではピアノを弾けるということはおくびにも出さず、他人が弾いたら手を叩いてほめて、自分が弾けるとは言わないこと


以上

補足訂正
シューベルトのマズルカは
ショパンのマズルカの誤りでした

また
全般にバッハの曲は
随時聞くとよい

それから
タイトルの私のピアノ体験談は
誇大な表示で
私はいまだに
プロコフィエフのソナタ二番には挑戦していないし、そもそも楽譜を手に容れていません
町の楽譜屋ではプロコフィエフのソナタ集はないことが多い
他に
お勧めの漫画としてくらもちふさこの「いつもポケットにショパン」
映画「神童」(成海璃子、松山ケンイチ、手塚理美)
などを読んだり見たりするとよい
「のだめカンタービレ」もお勧めであるが、私は12巻までしか読んでいない
他にエッセイとして
吉田秀和「音楽」1~3(朝日文庫)
吉田秀和「一枚のレコード」(中公文庫)
柴田南雄「レコードつれづれ草」
柴田南雄「自伝」
なども読むとよい

ベートーヴェン,ミケランジェリ,シューベルト,トルコ行進曲,ツェルニー,かなりいい線

閲覧数:
1,401
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2017/7/1012:44:03

面白いです。かなりいい線行っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる