ここから本文です

洗濯で汗汚れには、アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ?)でつけ置き洗いをする...

アバター

ID非公開さん

2017/7/1009:25:21

洗濯で汗汚れには、アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ?)でつけ置き洗いをすると服はサッパリと綺麗に仕上がると聞きました。

しかし、化繊類はつけ置きで再汚染などあるとの説明も読みました。

夏は汗の吸収と乾燥の早い乾燥のシャツを着ます。
またジャージ類なども夏は汗で汚れます。
アルカリウォッシュで汗や皮脂汚れが綺麗になるならチャレンジしてみたいのですが、化繊類には向かないのでしょうか?

洗い方のコツや、向き不向きなどありましたら教えていただけませんか?

補足「化繊のシャツ」に訂正します。

閲覧数:
1,744
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

puk********さん

2017/7/1015:33:40

界面活性剤を使わず、セスキ炭酸ソーダ(=アルカリウォッシュ)などのアルカリ剤だけで
汗や皮脂といった酸性の汚れを落とす洗濯をアルカリ洗濯といいます。

界面活性剤(通常の洗濯洗剤や石鹸)と違って即効性がないので
3時間以上のつけ置きが必要です。
しっかり時間をかけてつけ置きすると汗や皮脂がすっきり分解でき、
雑菌臭とは無縁になります。
夜に洗濯槽につけ置きして、一晩おいて朝の予約タイマーで洗濯するのがおすすめです。

うちでは夜、残り湯を洗濯機に注水し、
過炭酸ナトリウムとセスキ炭酸ソーダ各大さじ1と洗濯物を入れ
軽くかき混ぜ、朝洗い上がるようにタイマーセットします。
セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)だけだったら大さじ1.5〜2くらいです。
起きたら干すだけです。

化繊の再汚染の心配は、つけ置き後、数分撹拌してからすすぎに入れば
汚れを繊維から洗い落とせます。
「洗い5分程度→すすぎ1〜2回→脱水」と設定してタイマーセットしておくといいです。

柔軟剤代わりに酢か水に溶いたクエン酸を使ってアルカリ性を中和すると、
ふんわり柔らかく仕上がります。
タオルの吸水性もアップしてニオイもなくふわふわに洗い上がります。

アルカリ洗濯
http://www.live-science.com/honkan/jissen/040alkali.html

セスキ炭酸ソーダでの洗濯
http://www.live-science.com/honkan/partner/sesquicarbonate02.html

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)での洗濯
http://www.live-science.com/honkan/partner/percarbonate02.html

これだけは知っておきたいアルカリ剤の特性
http://www.live-science.com/honkan/alkali/alklbasic01.html

ちなみに過炭酸ナトリウムでアルカリ洗濯する場合、
つけ置き時間を長くおかず30分程度で良いと書かれていますが、
これは過炭酸ナトリウムが40〜50度のお湯を使うと漂白力もあるためです。
それより温度が低い場合はアルカリ性の効果しか期待できないので、
セスキ炭酸ソーダのように3時間以上おく必要があります。

アルカリ洗濯は、皮脂や汗など、日常的に体から出る程度の酸性汚れ・
タンパク汚れを分解するもので、泥汚れや食品などの強い油汚れには対応できません。
そういう強い汚れがある時だけ、部分的に固形石鹸で軽くもみ洗いして、
全体の軽い汚れは洗濯機でアルカリ洗濯するのが効率的です。節水にもなります。

それから、ドラム式洗濯機は洗濯槽でつけ置きができないので、
バケツ等で数時間つけ置きしてから洗濯機にうつし洗濯開始するといったやり方になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

暮らしと生活ガイド

家事

  • 掃除
  • 洗濯、クリーニング
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる