ここから本文です

腎臓が血圧を調整するしくみですが 尿量を調節することによる体内水分量の調節...

cgs********さん

2017/7/1812:00:07

腎臓が血圧を調整するしくみですが

尿量を調節することによる体内水分量の調節を介していると考えても良いのでしょうか?

ホルモンの作用は?

閲覧数:
130
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lou********さん

2017/7/1812:42:25

1つはそうです。尿量を減らすことで体内の血液量を増やして高血圧にしています。

もうひとつはホルモンで、レニンーアンジオテンシン系というホルモンの一連の流れがあり、これらは血圧を上げる作用を有しています。レニンーアンジオテンシン系は腎臓と大きく関与していますので、このホルモンの影響で血圧を調整している、要素も大きいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる