ここから本文です

将棋で王将は上位者、玉将が下位者。とのことですが日本将棋連盟では、上位と下位...

hou********さん

2017/7/1119:51:47

将棋で王将は上位者、玉将が下位者。とのことですが日本将棋連盟では、上位と下位どの様に決めているのでしょうか?

同じ段位の場合とか、どう見ても下位段者の方が実力が上(名人戦の順位の様に)等疑問に思います。教えてください。

閲覧数:
264
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gek********さん

2017/7/1120:08:18

現役棋士の序列は

1)名人、竜王

名人、竜王のタイトル保持者が異なる場合は、現有タイトル保持数が多い棋士が上位。同じ保持数の場合は棋士番号が小さい棋士(先輩棋士)が上位。
現在だと、渡辺竜王は棋王も保持しているため、佐藤天名人より上位。

2)その他のタイトル保持者

現有タイトル保持数が多い棋士が上位。同じ保持数の場合は上の順位のタイトル保持者が上位。タイトルの順位は棋戦の契約金額で高額なものが上位。つまり、叡王→王位→王座→棋王→王将→棋聖の順。
現在だと羽生三冠は、久保王将より上位。また叡王のタイトルを誰か他の人がとったとしても複数タイトルを持つ人がいればそちらが上位。

3)永世名人 - 現役襲位の場合

現役で永世名人を襲位した棋士が複数いる場合は先に襲位した方が上位。

4)その他の永世称号襲位者 - 現役襲位の場合

永世称号の襲位数が多い棋士が上位。同じ襲位数の場合は永世称号の種類に関わらず先に襲位した者が上位。

5)前名人、前竜王 (名人、竜王を失ってから1年間だけ名乗れる肩書き)

該当者が複数いる場合は名人又は竜王を失ってからの期間が短い者が上位。

6)永世称号の有資格者

永世称号有資格者が複数いた場合はタイトルの種類に関わらず先に永世称号資格を獲得した者が上位となる。森内九段(2007年永世名人の資格取得)と佐藤康九段(2006年永世棋聖の資格取得)なら佐藤康九段が上位。

7)段位

高段の棋士ほど上位。同段の場合は先にその段になった棋士が上位。

と決まっています。
日本将棋連盟のホームページに棋士データベースがありますが、もちろん序列順の並びです。

https://www.shogi.or.jp/player/

  • gek********さん

    2017/7/1121:02:26

    タイトル保持経験者が上位などという規定はないです。
    それが事実なら、
    小林健二九段、森下卓九段が、屋敷伸之九段、福崎文吾九段、中村修九段、島朗九段、深浦康市九段、三浦弘行九段より上位である事の説明がつきません。
    日本将棋連盟のホームページに棋士データベースは、厳格にルールに従い配列されています。

    ただし、実際問題として、タイトル経験者や年長者、あるいは先輩を立てて上位者が下位者に上座を譲るという事はあります。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/7/11 21:34:18

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

jk4********さん

2017/7/1120:10:06

同じ段位なら、先に昇段した人が上位。または、タイトルを持っている人、または、既に失冠していても、タイトル保持経験者が上位。両者ともにタイトルと無関係なら、段位が上の人が上位。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる