ここから本文です

gibsonにお詳しい方にお聞きします。 gibson の catalina とはどのようなギター...

aaa********さん

2017/7/1203:54:48

gibsonにお詳しい方にお聞きします。

gibson の catalina とはどのようなギターなのでしょうか。
どういったコンセプトで作られていて、特徴や、当時の定価など情報があればあるだけ助かり

ます。

宜しくお願い致します。

閲覧数:
90
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tgg********さん

2017/7/1209:33:20

ギブソンのカスタムショップには、大きく分けて
伝統的な楽器の復刻を目指す「ヒストリック」と
新機軸の製品を目指す「カスタム・アート」の
2種類の製品群があり、カタリナは後者に属する製品でした。

詳細は下記にて。
http://item.rakuten.co.jp/guitarplanet/gibson_lp_catalina_sfg_1997/

価格は、定かではありませんが、当時店頭で50万円ほどで
売られていた記憶があります。

また、ボディのチャンバーですが
おそらくダイナミック・サウンド・チャンバーという
パターンのものが採用されていたと思います。(画像参照)

ギブソンのカスタムショップには、大きく分けて
伝統的な楽器の復刻を目指す「ヒストリック」と...

  • tgg********さん

    2017/7/1209:42:08

    特徴であるヘッドのサークル・インレイですが
    「catalina」ではなく「CUSTOM SHOP」と
    入っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/7/12 12:34:11

ご丁寧にありがとうございます。
欲しい情報ばかりで、とても勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ant********さん

2017/7/1208:46:21

うる覚えなのであまりあてになりませんが、カスタム・ショップで'97-99の2年間だけ製造されたモデルです。
特徴はヘッドにcatalinaのサークル・インレイが入っていることと、チェンバーボディーが採用されていること、さらにターコイズブルーやら赤やら黄色やら、Gibsonらしからぬ原色っぽい派手なカラーで塗られていることなんかが挙げられます。
因みにチェンバーボディーとはボディ内部に “穴” が空けられているものを言いますが、ルーターで彫られた単なる穴であり、ホローボディのように構造的な音響特性を狙った穴(空間)ではなく、単にボディ重量を軽くするためと言われています。それでも少なからず音響特性にも影響してはいるでしょうが。

定価は分かりませんが、発売当時は$2,500~3,000前後で流通していたと思います。
今の中古品相場は$1,500~2,000ぐらいでしょうか。
もともと製造期間が短く、流通本数も少ないことから、日本では貴重がられてそこそこの値段で取り引きされてるようですが、ぶっちゃけ、販売業績悪化に伴い起死回生の1手で投じたギター(それが本当の意味でのコンセプト)だったってことと、このギターを使っている有名ギタリストがほとんど居ないせいで、あまり人気が無いのかも。
でも、かつてのFlyingVのような前例もあるし、玉数が少ない貴重なギターだってことは間違いないので、10年、20年後には値段が高騰してるかも?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる