ここから本文です

複合機のチャージ料金や複合機の値段の仕組みについつ教えて欲しいです。

yuk********さん

2017/7/1409:07:15

複合機のチャージ料金や複合機の値段の仕組みについつ教えて欲しいです。

Canon 複合機

閲覧数:
123
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

春夏秋冬さん

2017/7/1413:14:02

業務用複合機としての回答です。
キャノンは詳しく知りませんけど、

一般的な業務用複合機(家電系は一部除く)は、機器導入と併せて保守も契約します。

その保守の呼び方がメーカーによってマチマチで、その一つが「チャージ」です。

大きくは2種類の保守があり、

① カウント方式(コピー1カウントあたりの単価設定)
メーカーによって、「チャージ」と呼ばれますが、中身は基本的に同じです。
一般的にカウント方式と呼べば全メーカー共通して話が通ります。

昔はカウント料金とトナー料金が別になっているメーカーもあり、その時はカウント料金(保守)とチャージ料金(トナー代)に分かれていた名残りかもしれないです。
現在は、極々一部を除けば、保守・トナー料金込みで「1カウント〇円」と言った込み込みの単価での話になります。月間の基本料金を設ける場合もあります。

で、この単価は基本的に「月間使用枚数」「他社競合」によって変動します。地域性もあるので、一概に幾らという訳ではないです。
当方の地域だと、民間向けならモノクロ3円程度、フルカラー15~20円程度がベースで、後は使用枚数や競合によって変動します。

請求は毎月カウントの締めによって、月間の使用枚数分の請求書が届きます。
メーカーによっては口座振替もあります。条件次第では2~3カ月纏めて請求というのもあります。
現在の主流はこちらです。



② キット方式(ドラムトナーカートリッジ購入タイプ)
こちらは、予めドラムトナーカートリッジを継続的に購入することで、保守を受けるタイプです。
概ね5000枚程度で41,000円程度、10,000枚程度で72,000円程の価格になっており、一括払いです。メーカーによってトナー容量の違いによる価格差は有ります。
こちらは、月間の使用枚数が少ないユーザー、若しくは特定の次期にしか使わないユーザーが多いです。
こちらのメリットは、トナーを買ってしまえば、それを1年で使い切っても、5年で使い切っても受けられる保守の無い様に差はないので、低コストで業務用複合機を保守付で利用できる点です。
更に、原稿によっては5,000枚相当分のトナーでも、それ以上の枚数がコピー出来たりもします。ただし、その逆もあり、トナー使用量の多い原稿だと規定未満の枚数しかコピーできないデメリットも併せ持っています。

また、大半がモノクロコピー機限定で、カラー複合機でキット機を出しているメーカーは以前はありましたけど、現在は無いかも(ひょっとしたら、京セラはやってるかな)

近年は①も値崩れで安価になっている為、②の存在価値が無くなっている面もあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2017/7/1410:49:48

プリンタの修理屋です。

機種によって変わりますので、営業マンに相談してください。

チャージなんて言うのは、消耗品とか保守契約料を表すことにならないかな?

それぞれ、別々に払う方法もあるし、全部ひっくるめて契約月数で割るような方法だってあるはず。
様々な方法があるけど、全機種で使えるわけじゃなく、使えない機種だってあります。

基本的なことは以下のページに説明があります。
http://cweb.canon.jp/e-support/valuable-service/index.html?sp=val

ただ、ややこしい話が多くなるので、個別に商談して決めるようです。
また、キヤノンとして用意しているメニューはこれだけですけど、販売店が独自に用意しているプログラムもあって、詳細なことは分かりません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる