ここから本文です

私の中で、イラクというのは過去にアメリカと戦争を起こした国、イラク戦争しか印...

sei********さん

2017/7/1512:19:16

私の中で、イラクというのは過去にアメリカと戦争を起こした国、イラク戦争しか印象がありません。当時のアメリカ大統領はブッシュで。

核兵器を持っていないイラクを「核兵器」があると攻めたことそれが世界中のバッシングを受けたことが記憶に新しい。何か私の中ではあまりいい印象のないイラク
でもそのイラクがisを潰してくれたんですよね?私はキリスト教徒で
同志達を殺したisが憎いですisがつぶされた事は大変嬉しい。しかしそのイラクの正体が分かりません。彼らのはっきりとした正体を教えて下さい。アルカイダとは関係ないんですよね?

閲覧数:
45
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

you********さん

編集あり2017/7/1722:45:43

イラク国民にもアッシリア東方教会やローマ・カトリックなど、各宗派のキリスト教徒が沢山(およそ100万人前後)居ますよ。あなたがキリスト教徒と仰るなら、イラクに居る兄弟たちの事をもっと知るべきでは?彼等はダーイシュその他のイスラム過激派から苛烈な迫害を受け、やむを得ず聖書と十字架を自動小銃に持ち替えて、日々信仰心を試される戦いの中に身を置いている訳です。

正体、というのが面妖な、意味が良く掴めない質問なんですが、プロフィールとして敷いて言えば、イラクはシーア派vsスンニ派vsクルド人という三つの対立軸で成り立っている複雑な国。世界第四位の主要な産油国であることも忘れてはならない。砂漠のイメージばかり付き纏うけれども、同時にチグリス川とユーフラテス川の恵みによる肥沃な穀倉地帯である事実も。
イスラム教の聖地と言えば、サウジアラビアのメッカとメディナ、あとエルサレムが有名ですが、シーア派の人々にとってはイラクのナジャフ、カルバラが大きな聖地です。
で、サダム・フセインの独裁体制の時代は、アラブ社会主義を掲げるバース党並びに少数派のスンニ派が国政を支配し、多数派のシーア派やクルド人に対して毒ガスを撒いて虐殺するなど弾圧していた。
アメリカがWMD(大量破壊兵器)疑惑に託つけてフセイン政権を潰してからは立場が逆転し、帰国したシーア派の政治亡命者達がスンニ派を追い落として政財界、軍や警察の要職に就いた。ある意味でイラク戦争とは、アメリカの助力を得たシーア派のクーデターだったとも言えます。
旧バース党員やスンニ派の人達は外国の占領軍やシーア派主導の新政府に対して激しいレジスタンス活動を行う。アル・カーイダ系の国際テロ組織が間に割って入り、テロの嵐が吹き荒れた。シーア派も隣国イランの援助を受けてテロの応酬で報復し、シーア派とスンニ派の血で血を洗う殺し合い、事実上の内戦状態が戦後数年間ずっと続いた。そうして、それを横目に漁夫の利を得るかの如く、目覚ましい経済成長を遂げたのがクルディスタン自治区。という構図。
なお、キリスト教徒や、もっと少数派のマンダ教徒、ヤズディ教徒のイラク人達は、地獄のようなこの状況をひたすら耐え忍んでいたのでした。
ダーイシュの前身組織はザルカウィというテロリストが率いたISI(イラクのアル・カーイダ支部)であり、ザルカウィが空爆で殉教した後、バグダディがリーダーになって発展的解消したもの。
ダーイシュによる電撃的なイラク北部の制圧とイスラム国の建国宣言当初は、アメリカの同盟国として庇護されているのを良いことに汚職まみれで
、シーア派の権勢が強い政府に怒り、特に前のマリキ首相の評判は最低で、独裁者だったがテロもなく平和裏に安定していたフセイン時代を懐かしむようなスンニ派の人達の間からは歓迎する声もあったのだが…。

イラクがダーイシュを潰した?確かに。しかし、ダーイシュをここまでのさばらせ、勢力を強める機会を与えてしまったのはイラク軍の失態のせいです。
イラク軍はエリートである特殊部隊を除いては、一般の兵士や将校達にまるで士気がなく、総崩れになってしまった。ダーイシュの豊富な武器弾薬の類はどこから手に入れたものだと?イラク軍から奪った、正確には任務を放棄して逃げたイラク兵から回収したものです。そしてそれらは、同盟国であるアメリカが供与したもの。エイブラムス戦車然り、ハンヴィー装甲車然り、M4ライフル然りです。
イラクはアメリカ主導の有志連合のみならず、友好関係にあるロシアやイランからも軍事的援助を貰い、軍隊に加えて連邦警察やシーア派の民兵組織をも動員して何とか再建を図り、ファルージャ奪還、ラマディ奪還と粘り強く戦線を押し上げて今日のモスル奪還の勝利へと至ったのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yoh********さん

2017/7/1522:58:42

イラク戦争当時のイラクはフセインによる軍事独裁政権でした

北朝鮮の金正恩体制のようなもの

イラク戦争でフセインを処刑して軍事独裁政権は終わり、アメリカ主導で民主化され新政府が樹立されたのです

この時点でイラクは生まれ変わったわけです

フセイン政権時代の軍部の多くは皆散り散りになり、ISやアルカイダなどのテロ組織の構成員になっていったとされてます

新政府のほうはアメリカの助けを借りて、新しいイラク軍を編成するが、ほとんど素人の集まりで、ISがイラク各地に侵攻すると全く歯が立たず、多くの地をISに奪われる事になったのです

戦闘が長引くにつれて、戦闘経験を積んだイラク軍はアメリカの強力な支援もあり、徐々に力関係が逆転していき、反撃に転じたということです

イラク戦争当時のイラクと今のイラクは全く別物ということになります

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる