ここから本文です

オウム真理教にとって、蚊を殺す事とサリンをまくのとは同じである。であるが故に...

pie********さん

2017/7/1515:56:38

オウム真理教にとって、蚊を殺す事とサリンをまくのとは同じである。であるが故にオウム真理教徒は虫も殺さない。オウム真理教徒は本当にゴキブリと共存している人々だ。

オウム真理教の思想

の影響を受けながら、オウム真理教の教えを実践した事はあまりない質問者ですが、自己の信仰と生活は一致させるべきなのか、悩み始めました。

オウムは真理である。

尊師が空中浮遊してなかったら弟子は尊師は空中浮遊してないよ、と、言うだろう。
尊師が偽物なら印も真言もぜんぶばらして、週刊誌に売るだろう。

本当に肝心な部分が出ないのはオウムが本当の宗教、つまり真理だからだ。そこは言えない、ばらせない、と、なれば、グルがグラタンを食べてたとから、どうでもいい事を言うのだろう。
だが、グルがグラタンたべてたって真理には何の関係もない。

どうでしょうか?

閲覧数:
169
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sss********さん

2017/7/1517:27:21

君に、リンカーンの言葉を教えましょう。

ーーーーーーーーーーーー
すべての人を少しの間騙すことはできる。
一部の人をずっと騙すこともできる。
しかし、すべての人をずっと騙すことはできない。
ーーーーーーーーーー

麻原氏は、野望があった、人類を救済したいと、初めは思ったかもしれない、

しかし、彼は、欲望を捨てきれず、
自分を崇る人たちを騙し、利用し、世界征服をしようとした。

それに騙されない、賢い一般人が邪魔になった。

賢い人たちは知っている。

本当の聖者は、自分の欲望に溺れず、
最後まで全人類の救済を願う存在だと。

麻原氏は、そこにたどり着けなかった。
つまり、解脱も悟りも得られなかった、
凡人だった。

凡人のまま、人生をすごす生き方もあっただろうに、

欲望を棄てられず、犯罪者になってしまった。

彼が因果応報を受けて、何億年かのちに、生まれ変わることができたら、
今度は善の行いをする人となってほしい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる