ここから本文です

1.「ロシア昔話の妖婆の謎」という講演が

hay********さん

2017/7/2617:00:05

1.「ロシア昔話の妖婆の謎」という講演が

(the puzzle of baba yaga)

(講師 オリガ・T・ヨコヤマ(UCLA)

コメンテーター 中村 喜和(一橋大学名誉教授)

司会 熊野谷 葉子(慶應義塾大学准教授))

7/19水曜日に東大本郷で開かれるが、

行く意味はあるのだろうか?


2.この講演会の利点欠点限界盲点とは?

3.皆さんにとって、
バーバー ヤーガ(baba yaga)とは?


ロシア語カテゴリー皆さんの
ご回答のほど、
お待ちしております。


http://www.l.u-tokyo.ac.jp/genbun/20170719o.yokoyama.html

オリガ・ヨコヤマ教授講演「妖婆バーバ・ヤガーの謎」。明日7月19日4時30分~6時 、東大(本郷)法文2号館1番大教室。ロシア昔話の妖婆の謎。

日時 2017年7月19日(水) 午後4時30分〜6時
場所 東京大学文学部法文2号館2階1番大教室(本郷キャンパス)

スラヴ言語学者として高名なオリガ・T・ヨコヤマ教授(UCLA)による特別講義です。ロシア昔話に登場する森の妖婆バーバ・ヤガーの複雑な姿を描き出し、その複雑な性格の謎に理論的に迫ります。


https://en.m.wikipedia.org/wiki/Olga_T._Yokoyama
Olga Tsuneko Yokoyama (Russian Ольга Борисовна Йокояма, born September 11, 1942) is a Distinguished Professor of Applied Linguistics at the University of California in Los Angeles (UCLA).[1] Her research interests include topics in Slavic philology, functionalist constraints in the syntax, word order and intonation of Russian.

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/バーバ・ヤーガ
バーバ・ヤーガ(Ба ба-Яга 、Baba Yaga、バーバ・ヤガーとも)は、スラヴ民話に登場する妖婆(Crone)。各種の民話で語られるほか、芸術分野ではムソルグスキー作曲の組曲『展覧会の絵』の1曲「バーバ・ヤーガの小屋(鶏の足の上に建つ小屋)」で知られる。

日本語では魔女、魔女ばあさん、山姥、鬼婆、妖婆などと訳されてきたが、近年は上述した「展覧会の絵」の副題にあらわれるバーバ・ヤーガの表記がされることが多い。だがスラヴ系のどの言語でもこういった言い方はせず、最も近いロシア語の読みに従った表記ではバーバヤガーとなる。

バーバー ヤーガ,オリガ,妖婆バーバ・ヤガー,スラヴ,ロシア昔話,ソルジャー養成校,一橋

閲覧数:
90
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

thu********さん

2017/7/2620:21:32

一橋は所詮旧商
ソルジャー養成校に過ぎません
ってことで行く意味は低いのではないでしょうか

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる