ここから本文です

ローラーブレーキの放熱板ががた付き制動時にトラブルが発生して困っています。ロ...

net********さん

2017/7/2423:57:22

ローラーブレーキの放熱板ががた付き制動時にトラブルが発生して困っています。ローラーブレーキの放熱板とハブは互いが連結部分の溝(凸凹)にはまる事で共に回転する仕組みです。

放熱板はハブシャフトとつながっていないため、溝の上で左右に横滑りします。その横滑りする幅が他のローラーブレーキと比べ大きい様です。ブレーキを掛けると放熱板は摩擦から逃れようとするため外側に動きます。それに伴いブレーキレバーの遊びが減少します。放熱板が最も外側に寄った状態で走行中にブレーキを掛けると「カタカタカタ」と大きな音を立て制動力がなくなってしまいます。恐らく放熱板が動く事で内部に隙間が出来、専用グリスが駄目押して摩擦が掛からなくなっています。専用グリスの劣化が原因かと思い入れ替えてみましたが駄目でした。ワイヤーの長さを調節しても直りません。そのため、原因は放熱板の横滑りにあると判断しました。新型のBR-C3000に交換しようと思うのですが、基本的な構造は同じでしょうからトラブルを解消出来るか判断が出来ません。この様な事例を御存知の方はおられますか?ちなみにローラーブレーキは8年以上前のインターMで、ばらして内部を点検しましたが異常は確認出来ません。放熱板はハブナットの締め込みが十分な状態で1cm位左右に動きます。

補足放熱板が横滑りする範囲は下記URLの11と12で決まるはずです。
http://bike.shimano.com.br/media/techdocs/content/cycle/EV/bikecomp...
ただ、ローラーブレーキ側の規格が変わったとも考えられるので、なぜ1cmも遊びがあるのか分かりません。

閲覧数:
290
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jcw********さん

2017/7/2500:05:50

新品に交換するのが最も近道だと思います。ハブ側に問題なければ交換に支障はないでしょう。

  • 質問者

    net********さん

    2017/7/2500:30:14

    専用グリスの補充を怠って内部のパーツが磨耗していれば新しいローラーブレーキを購入したのですが、その様な事もなく劣化も確認出来なかったので判断に迷います。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ant********さん

2017/7/2600:45:28

私も同じ経験をしました。
放熱板の付いたローラーブレーキは型番が古い物です。
現在のローラーブレーキには放熱板が付いていません。
私の場合もカタカタと放熱板が動き、自転車店で聞くと同じ事例が
多いとの事です。そこで私は女性が使うゴムのヘアーバンド(適当に合うもの)を
バラした時に、ローラーブレーキと放熱板の間に嵌めています。
カタカタ音が大幅に解消して現在に至ります。 ご参考に!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる