ここから本文です

深層Webでは薬物が売られていると聞いたのですが、逆に表層Webでは全く売ってない...

tak********さん

2017/8/118:00:06

深層Webでは薬物が売られていると聞いたのですが、逆に表層Webでは全く売ってないものなのですか?

閲覧数:
1,139
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sun********さん

2017/8/601:53:01

サーフェイス・ウェブでも売買されていますよ(自分の知る限り2サイトは......)。
ただし、ディープ・ウェブにある犯罪サイト群──いわゆるダーク・ウェブにある“マーケット形式”での売買(シルクロードなど)は、知る限りサーフェイス・ウェブにはありません。

ですので、表層と深層での取引は少々異なる部分が出てきます(といっても、ダーク・ウェブ内でも入り口付近では表層と同じ取引方法ですが......ならダーク・ウェブだろうとリスクがほぼ同じというw)。

・サーフェイス・ウェブ(あるいはダークウェブの浅瀬)
掲示板形式。売人が掲示板へ、薬物名、量、値段、電話番号、取引手段を、宣伝文句と一緒に書き込み、それを見た人が番号に連絡する形です。
取引手段は売人によって異なり、それぞれリスクもメリットも違います。
おおざっぱに分けると3つの種類に別れており......

対面取引─指定場所/売人に連絡をすると、まずは「○○まできて」と言われるので、買う側は指定された場所に行きます。売人と会ったら、薬物と金銭を交換して終わりです(細かなやり取りがありますが、長くなるので以下も含め会う部分を省略します)


対面取引──配達/上記の方法から場所指定するのを買う側に変えた方法です。

郵送/売人に連絡して量を伝えると、料金と振込先を言われるため、口座へ振込し住所を教え、宅急便やらで送ってくる方法。個人情報が永遠に残ってしまうこと、住所を売人に教えてしまうこと等、売人も客側も敬遠してる手段のためか、詐欺で稼ぐ人が現れ大半は詐欺になっていたりします。

・ダーク・ウェブ
まず、基本的に日本語のサイトは少ないです。そのため日本間での取引は大抵サーフェイスウェブと同じになります。
海外と取引する薬物サイトの方法は、Amazonのマーケットプレイスを想像していただけると分かりやすいかと。
様々な国の売人が出品しており、情報を読んで納得した客が購入を申し出る感じです。
一番の違いは、取引に使われるのが暗号通貨(名称をあまり覚えてないので違うかも......とりあえずビットコインなどのことです)だということ。海外から輸入する形になること(何やら非常に摘発されやすいと聞いたことがありますが、真偽は不明)。リスクを減らすため、知らないアパートの空室などを住所にすることがあるなど、ややこしいイメージがあります。

少しでも参考になれたなら幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる