回答(5件)

0

殿様、大名などとはとんでもないです。 町奉行や代官に相当とのご意見もありますが、代官は租税徴収に関わりますし両者とも民政も重き役目です。警察が租税徴収や民政に関わる事はありませんね。また犯罪者検挙をしても裁きは行えませんね。 ずいぶん昔の話しですが大阪南の署長が南町奉行と名刺を刷って配り物議を醸した事がありました。南町奉行などとんでもない思い上がり、町方与力でも勿体ないという人がいたのを思い出しました。 つまり相当する江戸時代の役職はないと言うのが結論です。

0

江戸時代の、地方警察業務は、大名・知行旗本、代官・郡代が所管していました。 国家・地方警察が有った時の、市警察レベルなら、数千石の旗本から、小さい大名、天領なら代官所レベルですね。 市警察署長と、現代警察の市警察部長は仕事が違います。 政令指定都市レベルだと、市警察の下に警察署が複数あります。