ここから本文です

プロレスについてです!

hur********さん

2017/8/303:24:21

プロレスについてです!

今回は短めの質問なんですが、
IWGPインターコンチネンタル戦で
内藤哲也選手が「ベルトを破壊し王座の封印を主張」
とあったのですが、これはベルトを無価値にするという主張ですか?
彼はIWGPヘビー級王者のベルトしか認めないという趣旨の発言があったみたいですが、そういうことですか?
一方で棚橋弘至選手は「ベルトを救う」と主張してます。
色々な大会で色んなベルトが存在してるのはわかるのですが、まだまだベルトのことが分かりません。
教えてくださると嬉しいです!

閲覧数:
84
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rom********さん

編集あり2017/8/311:30:04

インターコンチができる以前の新日本ではトップ同士ばかりが激しく争って中堅も目立ちたくてトップに喧嘩売るだけでしたが、インターコンチという中堅ベルトを作ったことで普段陽の当たらない中堅同士の新鮮な組み合わせが見れるようになり盛り上がりました。
普段プロレスをあまり見ない地方の中規模な会場を埋めるのに最適です。

iwgpしかなかったときは棚橋がiwgpの防衛戦を年に12回もやったりしてエースへの負担があまりにもでかかったのですが、今はインターコンチ、neverなど他のチャンピオンにもメインイベントを任せることができるようになったので、エースであるオカダは年に6回くらいの防衛戦で済むようになりました。怪我で休むリスクを避け、プロモーションなどに専念させることもできます。

しかし猪木がiwgpを作った際は「世界中に乱立する世界ヘビー級チャンピオンベルトを統一する」と言っていたので、内藤はそれを引き合いに出してベルトの価値、チャンピオンの権威を高めるためにインターコンチの封印を提唱しました。

質問した人からのコメント

2017/8/5 23:23:54

教えてくださりありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaz********さん

編集あり2017/8/310:19:29

その通りです。

IWGPという日本で最高峰とされているベルトが新日本プロレスにあるのに、IWGPと名がついたベルトがもう一つあるのはおかしいということで封印を宣言しました。

まぁ新日本プロレスはWWEの真似をしてインターコンチネンタル王座を設立しているので、当初は価値なんてあんまり気にしていなかったと思います。

それを中邑選手が激闘の中で防衛を続けて行ったことで価値が上がりました。

もしあのまま内藤選手が棚橋選手に勝っていたとしても封印はできなかったと思いますけどね。

封印するかしないかは選手が決めるのではなくて会社が決めることなので。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる