ここから本文です

ミラノのドゥオーモはなぜ完成に500年の時間がかかったのでしょうか??

mem********さん

2017/8/609:34:31

ミラノのドゥオーモはなぜ完成に500年の時間がかかったのでしょうか??

閲覧数:
56
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mek********さん

2017/8/611:32:04

いやミラノのドゥオーモに限ったことじゃない。ヨーロッパの大聖堂の類は全部そう。完成させることが目的でなく教会の資金集めの為の名目として建設したのです。教会にすればいつまでも完成することなくずるずると建設が続いた方が好都合なんです。失業者救済事業であり、芸術家の腕の発揮場所でもある。これ以上手を加えるところが無くなったらしぶしぶ完成と認めるといった話。戦争や内乱などでそれどころじゃなくなったら何年も放置される。資金不足でも中断してしまう。工事の進捗はスポンサーであるキリスト教徒の金回り次第なので必ずしも計画どおりには進みません。ヨーロッパは地震・台風・津波・洪水・火事といった災害もなく、ただ石を積み上げるだけなので何年かかってもいいんです。姉歯建築士も真っ青で日本人の感覚とはかなり違う訳です。スペインのサグラダ・ファミリアも典型的。世界遺産に登録されているが未完成。現代の科学と資金力を駆使してもそうなのです。中世では500年かかっても当然でしょう。

質問した人からのコメント

2017/8/12 22:32:36

回答ありがとうございました。

技術的な理由ではなく、それ以外が原因だったんですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる